池田 親生 氏 合同会社ちかけん 協同代表 マチナカレッジ 学長

池田 親生 氏 合同会社ちかけん 協同代表 マチナカレッジ 学長

会社設立 熊本県

池田 親生 氏 合同会社ちかけん 協同代表 マチナカレッジ 学長

詳細について 会社設立 熊本県



熊本県で会社設立 熊本県で合同会社設立なら自分で設立するより安くなります。 合同会社の設立 お客様がご自分で手続きした場合 合同会社(LLC)設立書類作成プラン 合同会社(LLC)設立代行プラン  定款に貼る収入印紙代 40,000円 この費用が不要  0円 この費用が不要  0円 定款認証手数料 0円 0円 0円 登録免許税 60,000円 60,000円 60,000円 当事務所への報酬 0円 39,800円 59,800円 費用合計 約100,000円 約99,800円 約119,800円 熊本県で株式会社設立の場合 株式会社の設立 お客様がご自分で手続きした場合 株式会社設立書類作成プラン 株式会社設立代行プラン 定款に貼る収入印紙代 40,000円 この費用が不要 0円 この費用が不要  0円 定款認証手数料 50,000円 50,000円 50,000円 登録免許税 150,000円 150,000円 150,000円 謄本交付手数料 約2,000円 約2,000円 約2,000円 当事務所への報酬 0円 59,800円 79,800円 費用合計 約242,000円 約261,800円 約281,800円 熊本県でNPO法人設立の場合 NPO法人設立書類作成プラン  99,800円 NPO法人設立代行プラン   149,800円 ※内閣府認証の場合はそれぞれプラス50,000円必要です。

メニュー 事務所紹介・代表者プロフィール サービス・報酬額一覧 お問い合わせフォーム 株式会社設立 株式会社設立代行プラン 株式会社設立書類作成プラン 株式会社電子定款作成(起案込)プラン 株式会社電子定款作成プラン 株式会社と合同会社の違いと比較 合同会社(LLC)設立 合同会社(LLC)設立代行プラン 合同会社(LLC)設立書類作成プラン 合同会社電子定款作成(起案込)プラン 合同会社電子定款作成プラン 合同会社と株式会社の違いと比較 NPO法人設立 NPO法人設立代行プラン NPO法人設立書類作成プラン NPO法人設立の要件 このサイトのRSSフィードを購読 最新情報 料金改定のお知らせ 佐世保の月刊情報誌サプリへ掲載 長崎de会社・法人設立.comがオープンしました サイト運営者について 皆さんはじめまして。 行政書士の井手誠博です。 当事務所ではさまざま起業開業支援、会社・法人の設立を専門に行っております。 設立手続きだけでなく、その後のサポートもしっかりと行いますので安心してご相談いただければ思います。 →運営者の詳しいプロフィール リンク集 行政書士井手法務事務所 長崎・佐世保建設業許可申請代行センター 長崎・佐世保車庫証明・名義変更手続き代行センター 敷金返還請求.com

<株式会社・合同会社・NPO法人設立・電子定款認証対応地域>

東北地方: 青森県 - 岩手県 - 宮城県 - 秋田県 - 山形県 - 福島県

関東地方: 茨城県 - 栃木県 - 群馬県 - 埼玉県 - 千葉県 - 東京都 - 神奈川県

中部地方: 新潟県 - 富山県 - 石川県 - 福井県 - 山梨県 - 長野県 - 岐阜県 - 静岡県 - 愛知県

近畿地方: 三重県 - 滋賀県 - 京都府 - 大阪府 - 兵庫県 - 奈良県 - 和歌山県

中国地方: 鳥取県 - 島根県 - 岡山県 - 広島県 - 山口県

四国地方: 徳島県 - 香川県 - 愛媛県 - 高知県

九州地方: 福岡県 - 佐賀県 - 長崎県 - 熊本県 - 大分県 - 宮崎県 - 鹿児島県

お問い合わせ先:[email protected] Copyright (C) 2010 行政書士井手法務事務所All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

Source: http://www.n-kaisyaseturitu.com/kumamoto/



当事務所には、起業をご検討されている方や法人なりをご検討されている方から 「会社を設立した方が良いのか? 個人事業の方が良いのか?」 「個人事業でなく、法人を設立するメリットは?」 「このまま個人事業主が良いのか? それとも法人成りした方が良いのか?」 といった内容のご質問を非常にたくさん頂きます。

法人には法人の、個人事業には個人事業のそれぞれメリット・デメリットがありますので、一概にどちらが良いと言うことは難しいです。

最初の手続きや費用だけを比べれば、個人事業の方が簡単にスタートできます。 個人事業の場合は、税務署に開業届けを提出するだけで事業を始めることができます。

一方、株式会社や合同会社を設立して事業を始めるには、費用と時間がかかります。

当事務所のような設立手続きを代行する専門家に依頼しないで、ご自身で手続きされても、法定費用(公証役場や国に払う登録免許税など)として

 *株式会社の場合は、最低約242,000円   (定款認証費用:約92,000円、定款の枚数により異なります。)   (設立登録免許税:最低150,000円、資本金額により異なります)  *合同会社の場合は、最低約100,000円   (定款に貼る収入印紙代:40,000円)   (設立登録免許税:最低60,000円、資本金額により異なります)

また、手続きにかかる時間は、各々違いますが2〜4週間はかかると思って下さい。

当事務所のような設立手続きを代行する専門家に依頼すれば、面倒な書類作成や手続きは、全て任せる事ができ、法人設立までの時間もかなり短縮できますが、上記の法定費用の他に報酬代(手続き代行費用)がかかります。

このように最初の費用や手間(時間)だけを考えると個人事業を選ぶ方が多そうですが、 ここ数年は、最初から株式会社や合同会社を設立して独立・起業される方が非常に増えています。

法人(特に株式会社)を設立される方が増えたのには、2006年5月の会社法施行によって、法人の設立要件が非常に緩くなった事が一因と思われます。

例えば、会社法施行前(2006年5月以前)に株式会社を設立するには、資本金1,000万円以上+最低役員4名(取締役3名、監査役1名)以上と厳しい設立要件でしたが、現在は資本金1円以上、役員1名(取締役1名)以上と簡単に設立できるようになっています。

合同会社は会社法施行によって設立できるようになった新しいスタイルの法人ですが、やはり資本金1円以上、役員1名以上で設立できます。

株式会社や合同会社などの法人が簡単に設立できるようになった事以外には、

◆税金問題  *節税対策(法人の方が節税しやすい)

◆信用問題  *個人事業だと取引先に限界がある  *個人事業だと契約できないケースがある

が、多くの方が法人を選択される理由と言われています。

当事務所で過去に個人事業主から法人成りをお手伝いさせて頂いた多くの方が、法人成りした理由として、

 *節税対策(顧問先の税理士さんから法人化を薦められたなど)  *対外的な必要性(取引先から法人化を要請されたなど)

信用問題ですが、特に近年、不景気の影響もあってか、

 *「取引先から法人でないと今後、取引できないと言われた」  *「営業先で法人でないと契約できないと言われた」

株式会社であれば債権者(契約者)を保護する法的な規定がありますが、個人事業にはそのような規定がありません。

債権者(契約者)からすれば、何の保証も無い個人事業よりは法人との契約を望むのは当然の事と言えます。

また近年インターネット等で販売をされる方も多いですが、消費者(買う側)からするとやはり会社の方が安心感を与えるのは事実です。 (よほど個人的に知名度等があれば別ですが)

ここでは、個人事業と法人のどちらでスタートするか迷っている方のために、以下のコンテンツをご用意させて頂きましたので、是非ご参考にして下さい。

■個人事業と法人の比較 ■個人事業と法人の税金面の比較 ■個人事業と法人のメリット・デメリット ■各法人の比較 ■自分に最適な起業のスタイルは?

Source: http://www.kaisha-mystyle.jp/oyakudachi/index02.html

別れさせ屋 千葉屋