Web制作会社を起業する方法【株式会社CUBE|山賀宏明】

Web制作会社を起業する方法【株式会社CUBE|山賀宏明】

会社 起業 する に は

成功と失敗は、分かれ道の選択によります。選ぶ目を持てば成功します。色々な事務所に相談してから選んでください。 会社設立・法人設立・起業・開業 無料相談(東京圏) 東京中小企業支援センター指定会社設立相談所 会社設立無料相談30余年の実績・・相談は何回でも無料です。設立して後に、商号使用差止請求を受けないために転ばぬ先の杖を。株の配分、役員等は予定通りで本当に大丈夫ですか。

会社設立起業家応援団Ⓡ  会社設立・起業開業・創業融資について 何回でも無料相談可(相談所の指定した日時) ◆当相談所は、非営利のボランティア団体です。 予約の上で面接相談を受け付けます。ご相談は原則として何回でも無料です。 相談時間は、1回約1時間ぐらいですが質問事項を箇条下記に整理して頂くと便利です。 <予約制です。> ◆中野でのご相談は土曜日午後からにお願いいたします。 ◆町田でのご相談は、曜日を問いません。日曜、祭日もお受けさせて頂きます。

当相談事業は、全国消費者協会優良中小企業支援事業です。 良い役務、良い商品を提供する企業が増えることは消費者と企業の共通の願いです。 相談員は、会社設立業歴30余年のベテランが担当します。 [ 創業融資相談 ] 創業融資のご相談も承ります。専門家に相談してみて下さい。 ・創業時の資金手当は日本政策金融公庫の創業融資を推薦します。 ・融資申込書・企業概況書・創業計画書・資金繰り計画書・知的資産経営計画書等の作成相談を致します。 ・日本政策金融公庫に提出する紹介状を記載する行政書士を推薦します。 公庫借入申込書       企業概要書      企業概要書記入例 創業計画書        創業後の見通し  行政書士の紹介  

新着情報 2016年10月1日 NEW! 株式会社登記の添付書類が変わりました! 2016年4月1日 特定行政書士が誕生! 2014年6月30日 行政書士が行政不服申立代理権取得 2014年6月10日 講演会=「揺るがぬ民間ユネスコ運動の力」~反グローバリズムを超えて~ 2013年12月20日 国際行政書士機構設立

○会社設立相談のボランティア団体ですので、会社設立手続きは代行致しません。 ○会社設立手続きのご希望の方は、行政書士又は司法書士をご紹介いたします。 ○登記申請をご自分で行う方は法務局から 申請書をダウンロード(Word) して下さい。 どなたでも簡単に申請書が作成できます。 ○いずれにしても大切なことですから後悔しないために一度ご相談下さい。

当相談所は、 ◆[ニュービジネス支援東京合同]をご紹介します。新しくビジネス展開したい方、新しいビジネスを求めたい方に助け舟です。 ◆ニュービジネス支援のために、ニュービジネス支援東京合同 に所属。 ◆外国企業の日本ビジネス支援のた�

Source: http://ao.admin-law.or.jp/



動画を見ます 会社 起業 する に は

Web制作会社を起業する方法【株式会社CUBE|山賀宏明】

詳細について 会社 起業 する に は

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

目次 会社設立のための流れとは 起業手続きの流れ1.会社設立事項の決定 起業手続きの流れ2.会社印鑑の作成 起業手続きの流れ3.定款の作成とその認証 起業手続きの流れ4.株式会社設立登記申請書の作成 起業手続きの流れ5.会社設立登記の申請 起業手続きの流れ6.印鑑カードの取得 起業手続きの流れ7.登記簿謄本と印鑑証明書の取得 起業手続きの流れ8.法人口座開設 会社設立は代行業者でも問題なし! なぜ代行業者の方が会社設立費用が安くなるのか? 会社設立の流れ8項目まとめ

会社設立のための流れとは

今すぐ起業にチャレンジしてみたい方、将来的に起業を考えている方、とにかく社長になりたいと思っている方、会社設立の方法はわかりますか?

会社設立にかかる費用と資本金の意味と資本金額の決定方法は以下の記事でお伝えしているので、今日はさらに細かく全ての流れを書き記していきたいと思います。

参考: 株式会社設立費用の目安と資本金を決める4つの考え方

ただ、先に言ってしまうと起業行為自体は何度もあるわけではないため、起業の流れを明確に覚える必要はありません。

起業した後に、どう会社を経営していくかを考える方が100倍重要で、100倍難しいものです。

ところが、会社経営をしていく上で起業の手続きのような行為は何度もあります。そのため、「会社経営には色々な手続きが必要なんだ。」と認識する最初の儀式だと考えてください。

会社設立の流れをしっかりチェックして、手続きに抜け漏れがないよう社長の第一歩を踏み出しましょう。

起業手続きの流れ1.会社設立事項の決定

会社設立事項として、以下の内容を決定します。

—– ・商号 ・本店 ・目的 ・発起人 ・取締役 ・代表取締役 ・監査役 ・任期 ・取締役会 ・株券 ・発行可能株式総数 ・設立時発行株式の総数 ・資本金の額 ・株式の譲渡制限 ・会社設立予定日 —–

起業手続きの流れ2.会社印鑑の作成

会社の印鑑は色々なことに使用します。もちろん会社設立には欠かないので、早めに作っておく方が良いでしょう。必要な印鑑は以下の3本です。

—– ・実印…経営者が会社の代表者として、対外的に契約を結ぶ際に使われます ・銀行印…会社として支払いや手形・小切手に押印するために使われる銀行専用の印鑑です ・角印…注文書などの社外文書や稟議書などの社内文書に使われます —–

大切な印鑑なので、持ち運ぶことを考えてケースもセットにした方が良いでしょう。3本セットで20,000円程から作成できます。お近くのはんこ屋さんかインターネットで調べてみてください。

上記は会社用の印鑑ですが、もし個人の実印がないという方は(いないと思いますが)すぐに作って市区町村に実印登録をしておきましょう。

—– ・ゴム印 ・朱肉 ・捺印マット —–

この3点セットもあると非常に便利です。特にゴム印は会社名の記載に代用できます。正式な契約書にも使えるので色々と助かります。

「会社名」「代表者名」「住所」「電話番号」がセットになった組み換えができるゴム印を購入しましょう。安いもので7,000円程からあります。

起業手続きの流れ3.定款の作成とその認証

定款は公証役場に出頭し認証をしてもらったら、1通は公証役場の保管用、1通は原本として会社で保管、1通は登記申請用に法務局へ提出しなければいけません。

定款の認証に必要な書類は以下の通りです。

—– 1.定款3通 2.発起人全員の印鑑証明書※ 3.4万円の収入印紙 4.現金5万2000円(認証手数料5万円、謄本証明料2000円程) 5.委任状※ 6.代理人の印鑑と印鑑証明書※ 7.出頭する人の認め印 —–

※発起人…資本金の出資者 ※委任状…発起人が複数名いる場合 ※代理人の印鑑と印鑑証明書…発起人が出頭する場合は不要 ※認め印…消印用

実際に私が作った提出前の定款(大事なところは隠してあります!)があるので、見たい方は以下からどうぞ。

Source: http://www.syachou-blog.com/check-flow-of-co-establishment/

別れさせ屋