これからの未来に必要な教育とは?: Tomohisa Ote at TEDxSaku

これからの未来に必要な教育とは?: Tomohisa Ote at TEDxSaku

会社 設立 必要 な もの

会社設立時に必要なもの

会社を設立するためには、登記(法務局への届出)をしなければなりません。

登記申請にはさまざまな添付書類が必要になりますが、当事務所にご依頼いただくとこれらの書類は当事務所と提携事務所で作成しますので、お客様にご準備いただく必要はありません。 以下は、発起設立の場合においてお客様にご準備いただく物をご説明いたします。

1.発起人の実印及び印鑑証明書(取得後3ケ月以内)

会社の発起人になる方については、定款認証用委任状等の関連書類に実印を押していただくとともに、発行後3ケ月以内の印鑑証明書をご提出いただきます。 取締役兼発起人の方については、印鑑証明書を2通取得していただく必要があります。 発起人が会社の場合、会社の登記事項証明書(取得後3ケ月以内) 会社が発起人となる場合、定款認証の際にその会社の登記事項証明書をご提出いただきます。

2.取締役の実印及び印鑑証明書(取得後3ケ月以内)

会社の取締役になる方については、就任承諾書等の関連書類に実印を押していただくとともに、発行後3ケ月以内の印鑑証明書をご提出いただきます。 取締役兼発起人の方については、印鑑証明書を2通取得していただく必要があります。

3.出資金

株式会社は、定款に定められた額の出資を受ける必要があります。 なお、出資金の払込みは必ず定款認証後に行ってください。

4.発起人の預金通帳

発起人が出資したお金は、まとめて発起人の代表者の預金口座に預け入れることになりますので、そのための預金口座を準備していただく必要があります(既存の口座でも構いません)。

5.設立する会社の代表印

会社の実印として使用するための印鑑を作成していただきます。 なお、代表印の作成は類似商号の調査が終わってから行っていただきます。

6.発起人全員及び代表取締役の身分証明書

行政書士には、会社設立の依頼者についての本人確認義務、本人確認記録作成義務、本人確認記録保管義務が定められております。 具体的には、発起人の方全員及び代表取締役の運転免許証、住基カード、健康保険証などを確認させていただきます。 本人確認ができない場合、ご依頼いただいた会社設立の手続を進めることができませんので、ご協力お願いいたします。

会社設立の基礎知識ページ一覧 会社設立を専門家へ依頼する?自分で行う? 設立後に必要な手続き 会社設立を専門家へ依頼するメリット 会社設立を自分で行う場合 会社設立に必要な費用は?

Source: http://www.fudousan-support.net/fudousan-company.html



動画を見ます 会社 設立 必要 な もの

これからの未来に必要な教育とは?: Tomohisa Ote at TEDxSaku

詳細について 会社 設立 必要 な もの

不動産会社として営業を開始するまでには、様々な費用が必要となります。これらは主に、

の3つに分けて考えると、諸費用・経費のイメージがつきやすくなります。

1.不動産会社設立に必要な諸費用

不動産会社を設立するためには、次のような諸費用が必要となります。ご自身で設立される場合の例ですので、弊所代行サービスをご利用いただく際の料金は、不動産会社設立サポートのページをご参照ください。

不動産業を会社ではなく個人事業として起業される場合は、もちろん上記のような会社設立諸費用は不要となります。

2.宅建業免許の取得に必要な諸費用

不動産会社の設立後、不動産業を始めるためには続いて宅建業免許の申請を行わなければなりません。供託金を利用するのか保証協会に加入するのかによって諸費用が大きく異なってくる部分です。

保証協会の入会に関する諸費用は、全宅(ハト)を選択するか全日(ウサギ)を選択するかによっても、数十万円の差が生じます。

3.事務所に関する諸費用事務所を借りるのか自宅開業か

宅地建物取引業を行う事務所は、独立した形態でないと認められません。原則として、一般の戸建て住宅やマンションの一室(一部)を事務所にすることはできません。また、同一フロアに他の法人と同居することもできません。従って、通常は住居とは別に商業用途に利用可能な物件を賃貸して事務所とする場合が多くなります。

ただし、住宅の玄関とは別に、事務所専用の出入口があり、宅地建物取引業を行う部屋と他の部屋が壁で区切られており、事務所のスペースを事務所の用途だけに使用するという要件を満たしている場合には、一戸建て住宅の一部を事務所とすることも認められます。

また、それぞれの会社に専用の出入口があり、同居の他社を通ることなく出入りができ、それぞれの会社の間は高さ180cm以上の間仕切りで区切られており、相互に独立していれば同一フロアに他の法人と同居することも認められます。

つまり、上記のどちらかの場合であれば、入口の設置や間仕切りの設置などの改築費用は生じるものの、比較的低資金で開業できますが、そうでない場合は、事務所を借りないと開業できないので、前家賃の他に、保証金(敷金・礼金)や仲介手数料などが必要になります。(宅建業免許の審査期間は最短でも1ヶ月程度かかりますから、賃貸事務所の契約時にはこの部分の家賃を何らかのかたちで考慮・割り引いてもらえないか交渉してみるのもよいかもしれません)さらに内装費用や、看板の制作費も必要になるでしょう。

備品類を購入する

事務所が決まったら、備品類を揃えていきます。応接セットに事務机、キャビネットや電話、複合機、パソコンなどは必須の備品です。これらがそろっていない状態では、宅建業免許の申請すら行うことができない(受理してもらえない)ため、最低限でも事前に揃えておくことが必要となります。複合機など、単価の高いものは自己所有ではなく、リース契約なども視野に入れて見積書などを業者から請求して検討してみましょう。

他には、営業するにあたってのデジタルカメラや地図、そして現地案内用の自動車も、通常の不動産業では必須となるアイテムです。従って、これらの合計額も、宅建業開始までの諸費用に含めて計算しておくのが無難です。

諸費用の合計額

不動産会社を設立し、不動産業を始めるまでには、上記のようにある程度まとまった額の費用が必要となります。その合計額をかなり大まかに計算してしまうと、会社設立に必要な諸費用が30万円弱、宅建業免許に必要な諸費用が(通常は保証協会を利用される方がほとんどのため)200万円弱、そして事務所の賃料や諸経費が最低100万円程度からとなりますから、300万円以上は資金として用意がないと、開業前に資金が枯渇してしまいかねません。

もっとも、300万円程度の資金があれば、あとは起業時の低金利融資などを活用し、手持ちの資金を増やすという方法もありますので、資金的な面でご不安がある場合は、予め日本政策金融公庫などへ相談しておくのもよいでしょう。

不動産会社の設立に関するご相談承ります

以上が不動産会社の設立にかかる諸費用についての概要ですが、より詳しい内容や設立手続きの進行につきましては、ご来所相談・出張相談にて承っております。担当者が外出中の場合もございますので、お電話にて日時のご予約をお願いいたします。

不動産会社設立のご相談をいただく際の流れ

まずはお電話にて、状況やご希望等をお聞かせください。ご相談・お打合せの日時を調整し、相談

Source: http://yao-support.jp/folder8/folder1/

別れさせ屋 栃木