法人成り費用は①電子定款認証代5.2万,②KK設立登記印紙代15万(LLC6万)

法人成り費用は①電子定款認証代5.2万,②KK設立登記印紙代15万(LLC6万)

会社 設立 定款 認証

トップページ>会社設立後の定款変更

会社設立時は、作成し認証を受けた定款(原始定款といいます)は、会社設立後はどのように取り扱えばよいのでしょうか?

会社設立時の定款についての取り扱いについては知っている方は多いのですが、設立後の定款の取り扱いについては、あまり注意しない方も多いので、ここでは会社設立後の定款の取り扱い、変更方法についてまとめてみました。

1、普段は保管しておく

会社の定款は、紛失しないように普段は金庫などの重要書類保管場所に保管しておきましょう。

また定款は登記簿謄本のように、法務局に行けば誰でも取得できる書類ではありませんので、基本的には原本を他人に渡してはいけません。

官公庁に定款を添付する場合、または何かの契約で定款を添付する場合があるとしても、コピーを添付するか、原本を見せてその場で返してもらうという場合のどちらかです。(ただし、会社そのもの他人に売買する場合などの特別な例を除く)

もし原本を渡し、返却しないといわれたら、(基本的にそういうことはありませんので)注意してください。

2、定款の内容を変更する場合は?

定款の内容を変更したい場合は株主総会決議にて行います。

例えば、定款の記載事項の一つである会社名を変更する場合は、株主総会を開催し会社名変更の決議を行います。そしてその変更を決議した議事録を作成します。

内容を変更した定款の保管方法ですが、会社設立時の原始定款に定款変更に伴う株主総会議事録を添付しておくという方法を取ります。つまり、内容を変更するごとに原始定款に添付する議事録が増えていくことになります。

また、定款そのものについては、議事録さえきちんと原始定款と一緒に保管しておけば、変更内容に書き換える必要はありません。

※定款を変更する場合は、設立時のように公証役場での定款認証は必要ありません。

定款変更と同時に登記が必要な内容は変更登記も行う。

定款変更を行う場合、内容によっては株主総会決議及び議事録の作成だけでなく、登記も行う必要があります。

例えば、商号、本店所在地、会社の目的 などを変更する場合です。

こういった場合は、株主総会議事録作成と同時に登記に関する書類を作成して、法務局に書類を提出も行います。

3、すでに会社をお持ちの方へ(新会社法のメリットを活かすための定款変更について)

新会社法スタート後は、定款自治の考え方から会社の基本ルールやあり方について、それぞれの会社で自由に決定できる幅が広がりました。(例、役員の任期、役員構成、株式に関する規定など)、そしてこれらは定款に定めることにより、その会社のルールとして認められることになりました。

例えば役員の任期を伸ばす、監査役を置かない会社にする、会計参与を設置するといった新会社法のメリットを活用するためには定款に記載する必要がありますので、定款変更を行う必要があります。

つまり、新会社法のメリットを活かすためには定款変更を行い定款に盛り込む必要があるわけです。

また、設立からずっと定款を変更しておらず、実態と離れているといった会社の場合は会社法改正を期に、定款を一度見直すことをお勧めいたします。

4、定款を無くしてしまった場合の対処方法

会社設立時に認証を受けた定款を設立後紛失してしまった場合は、以下の手続をとれば再度取得することができます。

公証役場に確認し、保管されておれば交付の請求をする。 定款をなくした場合、まず会社設立時に認証を受けた公証役場に、会社設立時作成した原始定款の謄本の交付請求をします。 ただし、認証後20年を超えるものについては公証役場によっては保存していないこともあります。 また、認証を受けた公証役場が不明の場合には、会社設立後5年以内であれば、設立登記をした法務局が設立登記に関する書類の一部として定款等を保管していますので、問い合わせをしてみましょう。 会社代表者等であれば、その会社の書類を閲覧することができるので、それで公証役場を確認することができます。

再度作成する方法をとる。 公証役場で手に入らない場合や、設立後に定款の内容に変更が生じている場合には、再度定款を作成することになります。 定款の記載事項には、登記される事項と登記されない事項があります。まず、法務局で最新の登記簿謄本を請求し、登記された定款の記載事項を確認し、その他の事項については、過去の株主総会や社員総会の議事録を調査して、変更内容を確認してその内容に基づいて作成します。 それでも不明な部分がある場合には、株主総会または社員総会の特別決議による承認を受けることで、現在の会社の定款を自由に再度作成することができます。

上記のような手続で再度作成されたされた定款は、公証役場における認証を受ける必要はありませんが、諸官庁に提出する場合等必要ならば私文書として認証を受けることができます。

会社設立時から、定款をまったく見ておらず、内容がそのままになっている方、定款を紛失されて困っている方、これから定款を変更したいと考えている方など、定款に関する事でお困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

公証役場に確認し、保管されておれば交付の請求をする。

定款をなくした場合、まず会社設立時に認証を受けた公証役場に、会社設立時作成した原始定款の謄本の交付請求をします。

ただし、認証後20年を超えるものについては公証役場によっては保存していないこともあります。

また、認証を受けた公証役場が不明の場合には、会社設立後5年以内であれば、設立登記をした法務局が設立登記に関する書類の一部として定款等を保管していますので、問い合わせをしてみましょう。

会社代表者等であれば、その会社の書類を閲覧することができるので、それで公証役場を確認することができます。

Source: http://e-oen.net/index.php?%E9%9B%BB%E5%AD%90%E5%AE%9A%E6%AC%BE%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9



動画を見ます 会社 設立 定款 認証

法人成り費用は①電子定款認証代5.2万,②KK設立登記印紙代15万(LLC6万)

詳細について 会社 設立 定款 認証

安くて便利、しかも安心な電子定款認証サービス

すっかり定着してきた電子定款、やっぱり4万円の収入印紙代は節約したいですよね! しかし、この電子定款を利用するには、電子証明書を取得したり、パソコンのソフトを購入したりと、下手をすると10万円近い費用がかかります。 おいおい、それではヤブヘビではないか^^;

そこで専門家の登場となりますが、「それじゃーあの人に頼もう」なんて心当たりの人がいるわけでもないですよね。

そんなあなたのために当事務所では、電子定款認証サービスをご用意しています。

サービスは、お客様のご要望によって2タイプご用意しています。

電子定款認証完全代行コース お客様が作られた定款(WORD文書)を当事務所で内容をチェックした上で電子署名して、公証役場と協議します。出来上がった電子定款を当事務所が受け取りに行って、お客様へお送りします。 料金 21,000円(税込み)

電子定款認証全部お任せコース 当事務所にて一から定款を作成の上、電子署名し、公証役場と協議します。出来上がった電子定款を当事務所が受け取りに行って、お客様へお送りします。 料金 29,400円(税込み)

注)料金は、東京都、千葉県で会社設立する場合の標準の金額です。遠方の場合は、交通費実費相当分を加算させていただく場合がございます。

サービスの流れ/電子定款認証完全代行コースの場合1.フォームからのお申し込み(お客様)

当ページの一番下にお申し込みフォームがございますので、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

2.ご確認メール(当事務所)

お申込フォームからのお申し込み後、確認の自動返信メールが届きます。その後2営業日以内に、サービスの内容や入金先などのご案内メールを差し上げます。

3.お支払い(お客様)

ご案内メールにある銀行口座へお振込みをお願いいたします。

4.定款認証業務の着手(お客様・当事務所)

ご入金確認後、業務の着手をいたします。 お客様がお作りになった定款をメールで、発起人様の印鑑証明書をFAXで送信いただきます。内容をチェックいたします。

5.公証役場との事前協議(当事務所)

開業予定地区の公証人と事前協議を行います。

6.電子定款の申請手続き(当事務所)

オンライン申請にて電子定款認証の申請手続きをいたします。

7.委任状の押印(お客様)

定款認証の委任状に発起人様の実印を押していただきます。 直接または郵便にて、受け渡しします。

7.公証役場で定款の受取り(当事務所)

当事務所が公証役場へ出向き、認証済みの定款を受け取ってきます。

8.電子定款のお引き渡し

直接または郵便などで、認証済みの定款をお引き渡しをいたします。

認証済みの定款をお受け取りになり、手続きは終了となります。

定款認証の費用比較

紙の定款の場合 完全代行コース 全部お任せコース 収入印紙代 40,000円 0円 0円 認証手数料 50,000円 50,000円 50,000円 謄本交付手数料 2,000円 2,000円 2,000円 サービス料金 0円 21,000円 29,400円 合 計 92,000円 73,000円 81,400円 差 額 - △19,000円 △10,600円

どのコースをご利用いただいても、ご自分で手続きするより断然お得です!

*定款の謄本交付手数料は、定款の枚数によって異なります。標準の場合の目安の金額としてお考えください。

お客様にご用意いただく物お客様ご自身で行っていただくことよくあるご質問質問)電子定款認証は、自分で手続きできますか?

回答)ご自身で行うことも可能です。 ただし、電子定款の作成や認証手続きを行うには、PDF作成ソフトや電子署名、その他のシステムを導入する必要があります。 電子証明書の取得に時間と手間をかけ、また10万円近い費用がかかりますので、電子定款のためだけを考えると費用対効果が高いとは言えないでしょう。

質問)定款の内容を一から作っていただきたいのですが?

回答)はい、お客様の会社の内容に応じて、作らせていただきます。その場合は、電子定款認証全部お任せコースをお申し込みください。

質問)東京以外の会社の場合でもお願いできますか?

回答)はい、全国対応できます。ただし、地方によっては、お伺いできませんので、お客様が公証役場に受取りに行っていただける場合には、対応可能です。可能な限りのお手伝いをいたしますので、まずはご相談ください。

現在のブラウザは、フレームに対応しておりません。お手数ですが、こちらをクリックしてください。

Source: http://www.article-center.net/contents/change.htm

別れさせ屋 長崎