管理業務主任者資格基礎講座 ~建築構造等~

管理業務主任者資格基礎講座 ~建築構造等~

会社 設立 資格

<外国人の会社設立>       ⇒English  

1、外国人の会社設立と在留資格(経営管理ビザ)の関係について  

外国人が日本で会社を設立することは可能でしょうか? 

結論からいうと、外国人は、日本で会社を設立することは、可能です。 

ただし、会社を設立できることと在留資格(ビザ)が認められることは全く別です。 

そのため、外国人が、取締役に就任して、当該会社で、活動をすることについては、注意が必要です。 

外国人が、「日本人の配偶者等」「定住者」「永住者」「永住者の配偶者等」の在留資格を得ていれば、取締役に就任して、その会社で活動することが可能ですので、在留資格を変更する必要はありません。

しかし、「人文知識・国際業務」「技術」「技能」「家族滞在」などの活動に制限のある在留資格を得ている人は、取締役、特に代表取締役に就任して活動することは、基本的にできません。

そこで、このような場合、 「経営・管理」(※2015年3月末までは「投資・経営」)という在留資格を得る必要があります。

しかし、投資経営の在留資格を得るためには、会社の永続性、安定性が必要です。

そのため、新しく会社を作ってすぐにこの在留資格の許可を得るのは難しいことが多いです。

そこで、「経営・管理」の在留資格変更申請の場合、今後の事業計画書をしっかり作成して申請する必要があります。 ⇒外国人が会社経営するためのビザについて知りたい方は投資経営ビザへ

2、外国人又は外国会社が、株式会社設立する場合の注意点

(1) 定款作成上の記名押印、公証人の定款認証手続の場合の注意点 発起人は定款を作成し、記名押印します。押印については、実印で行う必要があります。

また、定款作成後、公証人の定款認証手続き、又は、代理人に委任するための委任状に押印した印は、印鑑証明が必要となります。

この場合、外国人が日本に滞在し、外国人登録をし、印鑑登録しておけば、日本人と同様の手続なので問題はありません。

しかし、そうでない場合、本国官憲の証明する印鑑又はサインとなり、日本で印鑑登録をしていない外国人は、本国官憲からの証明書が必要となる等、面倒なことになります。

したがって、外国人登録をした上で、あらかじめ印鑑登録をしておくことをお勧めいたします。

(2)資本金の払い込みについて 現在は、自分で自分自身の口座に資本金を振り込みます。

この場合の銀行については、金融庁の設置認可した銀行(金融機関)であることが必要です。

本国の銀行が、金融庁から設置認可を受けている日本の支店を設けていて、その支店に口座をお持ちの場合は、その支店の口座に振り込みます。

この場合の口座が円建ての預金口座であれば問題ありませんが、円貨建て以外のドルやユーロ等の預金口座の場合、振り込みする当日の為替レートで円換算にした振込み金額が、引き受けした出資金額を上回らなければなりませんのでご注意ください。

(3) 代表取締役について 外国人が株式会社を設立する場合に、以前は代表取締役のうち1名は、日本に住所を有することが必要でした。しかし、改正により、2015年3月16日以降に会社設立する場合は、外国人全員が外国にに住所がある場合でも、会社設立が可能になりました。  

2.複数の取締役で、取締役会は設置しない会社の場合

3.複数の取締役で、取締役会は設置しないが、代表取締役は選定する会社の場合

4.取締役会設置会社の代表取締役  

⇒以上、いずれの場合においても、代表取締役は、日本に住所を有することが必要でなく、海外に住所があっても会社設立が可能になりました。

これはかなりの大改正で、外国人の会社設立、起業は大幅に増加すると思われます。

4、外国人の会社設立と許認可について

外国人が会社設立する場合、注意してほしいのが許認可です。

日本には営業するのに必要な許認可が数多く存在していますので、事業内容に応じて許認可をとる必要があります。

また、許認可を取る場合に、国籍や在留資格等が問題になってくることが多いので、営業を始める前に関係の役所か行政書士に相談しておくほうがいいでしょう。

以上が外国人が会社設立する場合の注意点です。

次に、外国人が会社を設立した後に大きな問題となる、 「投資経営ビザ」の解説をします。

<投資経営ビザについて>                 

日本で会社を設立し自国の料理店をやりたい、日本で会社を作りビジネスをしたいと言う方は経営・管理ビザ(旧投資経営ビザ)を取得する必要があります。

この投資・経営ビザを必要とするのは、代表取締役・取締役・監査役・部長・工場長・支店長等、事業の経営又は管理に関する実質的な業務活動を行う外国人の方です。

このビザがあれば、日本で会社経営ができますので、非常に価値のあるビザであるといえます。

ただし、この在留資格を取得する為には、

1.事業所として使用する施設が日本国内に確保されていること  

 2.経営者又は管理者以外に日本に居住する2人以上の常勤職員(日本人・永住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者)が従事して営まれる規模であること    ※但し、2人以上常勤職員が雇用できない場合でも一定条件を満たせば申請可能です。    3.事業の管理に従事しようとする場合は、事業の経営又は管理について3年以上の経験(大学院の該当科目履行期間も含む。)を有しかつ日本人が従事する場合と同等以上の報酬を受けること 等の条件を満たすことが必要です。 簡単にいうと、「会社事業が合法、適法なもの」であり尚且つ「安定性、継続性」が問われ、就労ビザより厳しい要件が課されています。 そのため、ビザ取得の為の手続は他のビザより面倒ですし、きちんと手続を行わないと余計に時間がかかったり許可が下りない場合もあります。 留学生が就職に失敗したり、離婚して配偶者ビザが切れそうなので何とか日本に残るため苦し紛れに投資経営ビザの申請を行うような場合もあるようですが、思いつきで起業して許可されるほど投資経営ビザは甘くはありません。 そこで、申請及び取得手続の代理を専門に行う申請取次行政書士が相談・書類作成・提出等の一連の作業を許可が下りる迄完全にサポ−トを致します。 投資経営ビザの申請を自分でやってみたが不許可になった、又は忙しくて投資経営ビザの申請に行く時間がない方は、お気軽にご連絡・ご相談下さい。 <参考:投資経営ビザ必要書類> ※実際に許可に必要な書類はケースにより異なりますので、以下の書類を出せば許可されるという意味ではありませんのでご注意ください。 1、貿易その他の事業の経営を開始し、又はこれらの事業に投資してその経営を行おうとする場合 ア 事業内容を明らかにする資料 (ア) 事業計画書 (イ) 商業・法人登記簿謄本(発行後3か月以内のもの) (ウ) 直近の損益計算書の写し(新規事業の場合には、今後一年間の事業計画書) イ 職員数や賃金の支払いを明らかにする資料 (ア) 当該外国人を除く常勤の職員数を明らかにするもの (イ) 常勤の職員数が二人である場合には、当該二人の職員に係る次に掲げるもの ・雇用契約書の写し又は賃金台帳の写し ・住民票又は外国人登録証明書の写し

 2.経営者又は管理者以外に日本に居住する2人以上の常勤職員(日本人・永住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者)が従事して営まれる規模であること  

 ※但し、2人以上常勤職員が雇用できない場合でも一定条件を満たせば申請可能です。  

 3.事業の管理に従事しようとする場合は、事業の経営又は管理について3年以上の経験(大学院の該当科目履行期間も含む。)を有しかつ日本人が従事する場合と同等以上の報酬を受けること

簡単にいうと、「会社事業が合法、適法なもの」であり尚且つ「安定性、継続性」が問われ、就労ビザより厳しい要件が課されています。

そのため、ビザ取得の為の手続は他のビザより面倒ですし、きちんと手続を行わないと余計に時間がかかったり許可が下りない場合もあります。

留学生が就職に失敗したり、離婚して配偶者ビザが切れそうなので何とか日本に残るため苦し紛れに投資経営ビザの申請を行うような場合もあるようですが、思いつきで起業して許可されるほど投資経営ビザは甘くはありません。

そこで、申請及び取得手続の代理を専門に行う申請取次行政書士が相談・書類作成・提出等の一連の作業を許可が下りる迄完全にサポ−トを致します。

投資経営ビザの申請を自分でやってみたが不許可になった、又は忙しくて投資経営ビザの申請に行く時間がない方は、お気軽にご連絡・ご相談下さい。

※実際に許可に必要な書類はケースにより異なりますので、以下の書類を出せば許可されるという意味ではありませんのでご注意ください。

1、貿易その他の事業の経営を開始し、又はこれらの事業に投資してその経営を行おうとする場合

ア 事業内容を明らかにする資料 (ア) 事業計画書 (イ) 商業・法人登記簿謄本(発行後3か月以内のもの) (ウ) 直近の損益計算書の写し(新規事業の場合には、今後一年間の事業計画書)

イ 職員数や賃金の支払いを明らかにする資料 (ア) 当該外国人を除く常勤の職員数を明らかにするもの (イ) 常勤の職員数が二人である場合には、当該二人の職員に係る次に掲げるもの ・雇用契約書の写し又は賃金台帳の写し ・住民票又は外国人登録証明書の写し

Source: http://www.i-kigyou.com/post-78.html



動画を見ます 会社 設立 資格

管理業務主任者資格基礎講座 ~建築構造等~

詳細について 会社 設立 資格

こちらでは、外国人の会社設立についてご案内いたします。

外国人の方でも一定の条件のもとで、日本人と同様に、日本で会社の設立することができます。

当サポート室では、外国人の方の会社設立を親切丁寧にサポートいたします。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

在留資格「技術・人文知識・国際業務」や「留学」などをもっている方が、日本で会社設立することは可能ですが、日本で外国人が会社設立することと、その方が会社の取締役など経営者に必要な在留資格「経営・管理」を取得できるかどうかは別の問題です。せっかく会社を設立しても、取締役など経営者として活動できないような状況になりますので、注意をしなければなりません。

一方、会社を設立しようとする外国人の方が、「永住者」・「永住者の配偶者等」・「日本人の配偶者等」・「定住者」の在留資格を得ていれば、そのままの資格で取締役に就任して、その会社で活動することが可能です。

外国人が日本で会社を設立することは、上記のほか、いくつかの条件はありますが、基本的には、日本人の場合と同様、可能となっています。

外国人が発起人(会社設立後の株主)になることができますし、現在では外国に居住する外国人のみが日本の会社の代表者であっても構わないこととされています。

①「永住者」「永住者の配偶者等」「日本人の配偶者等」  「定住者」

 日本で自由に就労できる在留資格ですので、会社設立は可能  です。「経営・管理」を取得するために必要な資本金500万円や事務所の確保など  の要件は必要ありません。

他の「就労系の資格」や「留学」の資格では、会社を設立し経営をすることはできま  せん。

 また、上記①の場合と異なり、一定の事業規模(資本金500万円以上または常勤の  従業員2名以上)が必要になります。

「永住者」・「永住者の配偶者等」・「日本人の配偶者等」・「定住者」である外国人の方が会社を設立する場合には、入管法上の資本金に関する制約はなく、日本人と同じように1円以上で会社設立できます。

「経営管理」のビザ(在留資格)を取得するためには、その要件として、一定の事業規模がなければならず、その判断基準として常勤雇用者2名以上または資本金500万円以上が求められています。

*この場合の常勤職員は、日本人・特別永住者・永住者・永住者の配偶者等・日本人の配偶者等、定住者の方でなければなりません。

*資本金の額によって事業規模を立証する場合には、「経営管理」ビザを取得される外国人の1人ごとに500万円以上の出資が必要です。

Source: http://www.visa-amitie-gyosei.com/14468883857874

http://xn--48jm9l298kilg8rghvi.com