合同会社設立8万円18日プログラム

合同会社設立8万円18日プログラム

会社 設立 合同 会社

合同会社設立のメリットとデメリット(前編)/合同会社設立の専門家が解説

詳細について 会社 設立 合同 会社



1人でもできる合同会社設立

かつては会社設立をするためには役員を複数置かなければなりませんでした。例えば、株式会社を設立するときには取締役は3名以上必要で、監査役が1名以上必要でしたから、必要もないのに名前だけ借りて取締役になってもらうこともありました。しかし、会社法が施行されてからは1人でも設立できるようになりました。株式会社設立も1人でできるようになったのですが、多くの人は合同会社設立を選んでいます。

なぜ合同会社設立のほうが良いのかと言いますと、まず費用が安いことが挙げられます。1人で会社設立をしようと思ったときには、できることなら安くしようと考えるのは当然のことでしょう。株式会社設立をするよりも、合同会社設立をした方が費用を安くできると言うことから、合同会社設立を選ぶ人は多くいます。

設立時の費用だけではなくて、維持するための費用についても安いという特徴があります。株式会社の場合には、最高の意思決定機関は株主総会ですから、これは開催しなければなりません。規模を大きくする必要はありませんが、最低でも議事録は作成しておかなければならないのです。また、株式会社は決算公告を行わなければなりませんが、これにも費用はかかります。

何よりも、1人で会社を運営するためにはいろいろとしなければならないことも多いですから、できるだけ手間はかけたくないと考えるのは当然のことでしょう。それを考えれば、株主総会や決算公告が必要のない合同会社のほうが優れていると考えられます。

合同会社設立にもデメリットはいくつかあります。合同会社は基本的なルールを自由に設計することができますから、利害関係者が増えてきた場合には対立することもあり得ることです。出資者がたくさんいたり、業務執行者がたくさんいたりすると、経営がスムーズにできなくなる可能性があります。このようなことを防ぐために、厳しくルールの定められている株式会社を設立することが多いのですが、1人の場合にはこのようなトラブルが起こることはないでしょう。それを考えれば、合同会社であることのデメリットはないとも言えるでしょう。

もしも合同会社設立をした後に、やはり株式会社のほうが良かったと思うことがあれば、そのときになって会社組織を変更すればよいだけのことです。規模があまり大きくないうちは合同会社で事業を行っておいて、規模が拡大して利害関係者が増えてきたときになってから株式会社化するのも選択肢として考えておきましょう。

Source: http://cfaap.org/



より簡単に合同会社設立をする方法って?

昨今では自身が思い描く会社を作るための「合同会社設立」を考える人が少なくありませんが、実際に合同会社設立が完了されるまでには様々な手間がかかることとなっています。国に対して出さなくてはならない申請書をはじめとして、書類の作成や合同会社設立をめぐる雑務など、手間がかかるものを挙げていけば枚挙に暇がありません。

中には非常に専門的な知識を必要とする作業もありますが、より簡単に合同会社設立を成功させるにはどういった方法をとれば良いのでしょうか。 これに関しては何よりも「プロに代行を依頼する」ということが効果的です。 現代の日本では様々なサービスが事業として行われるようになりましたが、合同会社設立代行は事業者によって提供されるサービスのひとつとなっています。

こうした会社には行政書士などをはじめとして、国に対して出される申請のプロフェッショナルが勤めていますから、こうした人材の力を借りれば本来であれば手間がかかる合同会社設立を、より簡単に、スピーディーに完了させることが可能となるのです。 もちろんプロに仕事を依頼するわけですから費用などはかかってきますが、依頼することでかかる費用に関しては様々な方法で回収することが可能です。

例えば株式会社であろうと合同会社であろうと会社設立には必須となる「定款」に関しても、用紙で申請を出す場合には収入印紙を貼付する必要が出てきます。 しかしここで紙の定款ではなく電子データでつくられた定款である「電子定款」を利用すると、そうした収入印紙は不要になります。 一見すると「個人で会社設立を行う場合であっても電子定款にすれば変わらないのではないか」とも見えますが、電子定款を作成するには様々な機材が必要になります。 データを作成するパソコンはもちろんのこと、ICカードを読み取ってデータを書き込むカードリーダーなど、さまざまな機材をそろえていけば三万円以上がかかることは間違いありません。

もちろんその後にわたって購入した機材を活用することが出来るのであればこうした機材を購入することは良い選択ですが、電子定款を作りたいという理由だけで機材を購入することはあまり効率的とはいえません。 しかし合同会社設立を代行している会社の多くはすでにこうした電子定款を作成する環境が整っていますから、依頼をするだけでも数万円が浮くということになるのです。 加えて合同会社設立を代行している会社のなかには行政書士などのほかに、企業コンサルタントを擁しているというようなケースもあります。

そして会社設立代行を依頼した後には、通常よりも割安でコンサルタントを雇用することが出来るサービスが実施されている場合もありますから、会社設立が完了した後も有効に活用することが可能です。 合同会社設立はなるべく簡単に済ませたいものとなりますから、必要に応じて設立代行の依頼をすると良いでしょう。

Source: http://metromortgageadvisor.com/

別れさせ屋 神奈川