個人事業を会社化する経理処理!「会社設立時の事業概況書」の無料作成

個人事業を会社化する経理処理!「会社設立時の事業概況書」の無料作成

会社 設立 時期

個人事業を会社化する経理処理!「会社設立時の事業概況書」の無料作成

詳細について 会社 設立 時期



Перейти до розділу Перейти до розділу Перейти до розділу Перейти до розділу Перейти до розділу

Головна

Наше підприємство засноване в 1992 році. Фірма пропонує корпусні меблі на замовлення та столярні вироби власного виробництва. Кухні на замовлення, вітальні, передпокої, спальні та дитячі кімнати потішать Вас якістю і дизайном, адже продукт ми виготовляємо лише з найкращих національних та імпортних матеріалів і комплектуючих.

Вирішивши придбати кухню на замовлення у Львові, Вам обов’язково слід звернутись саме до професіоналів у своїй справі. У структурі компанії функціонує проектний відділ. Кваліфіковані дизайнери-конструктори запропонують цікаві проектні рішення або ж розроблять нові пропозиції, враховуючи всі Ваші побажання та потреби. Зробити це легко і швидко допоможе використання сучасних засобів комп’ютерної графіки.

Додатково Ви матимете змогу переконатись у якості меблів при замовленні шафи-купе у м.Львів. Широкий вибір матеріалів та технологій допомагає виготовляти меблі на замовлення на будь-який смак, при цьому приємно радуючи Ваш гаманець. Довготривала праця із перевіреними постачальниками плит ПВХ, системи розсунення дверей до шаф дає можливість суттєво вигравати по ціні на шафи-купе серед конкурентів.

Окремо слід відзначити виготовлення дитячих меблів під особисте замовлення. Сучасний темп життя змушує підлаштовувати наш побут під нього іще змалечку, тож дитяча кімната повинна відповідати всім вимогам та потребам дитини. Про час виконання замовлення Вам теж не доведеться турбуватися. Адже завдяки власним виробничим потужностям, новітньому обладнанню та штату висококваліфікованих і досвідчених майстрів меблі Ваших мрій за дуже короткий проміжок часу стануть частину інтер’єру Вашого дому.

Довіряйте якості та досвіду! Творіть затишок та комфорт Вашої оселі! А ми Вам в цьому допоможемо доступною консультацією, широким асортиментом якісних ексклюзивних меблів та вчасно виконаним замовленням.

Source: http://mebli-tuya.lviv.ua/



起業をしているすべての方に訪れる「税務調査」。 その税務調査は、法人だけでなく、個人に対してもおこなわれるってご存じでしたか・・・?

こんにちは。 会社設立のプロ集団「ファーストステップ」の井阪です。

あなたは「税務調査」という言葉を聞いたことがありますか?

税務調査とは、国税庁が管轄する税務署などの組織が、納税者の申告内容を帳簿などで確認し、誤りがないかどうかを確認する調査を指します。

よくドラマなどで「税務調査に入られてしまった・・・!」的な描写がありますが(ドラマ「半沢直樹」でもそんなシーンがありましたね)、あれは、税金を正しく納めていない会社が、税務調査によって未納の税金を指摘され、追徴課税(※)をされるケースです。 ※追徴課税とは、税務調査で発覚した申告漏れや脱税などに対して、ペナルティとして、本来の税金とは別に追加で徴収される税金のこと。

ただ、真面目に税金を納めている会社にとっても、税務調査は緊張するものです。 たとえば、大きな会社になればなるほど、取引の量とカバーすべき税法の範囲が増え、複雑化した税制において、申告忘れが起こりやすくなります。 そして、万が一申告漏れが発覚した場合、追徴課税されてしまいます。

この税務調査、法人だけでなく、個人に対してもおこなわれるってご存じでしたか? 事業をおこなっている人であれば、5年に一度はみんな受けることになるのです。 つまり、すべての事業家にとって、税務調査は避けては通れない関門です。

そこで今回は、そんな税務調査を無事乗り越えられるよう、元税務調査官の前原さんに、税務調査の準備や対応の注意点をお聞きしました。

前原さん、今回は税務調査に関するノウハウということで、よろしくお願いします。

はい、こちらこそお願いします。 税務調査というものは、経営者にとって精神的、時間的に大きな負担が生じるものです。 しかも、どれだけ真面目に納税している経営者であっても、税務調査官との“見解の相違”によって、意図せずして申告漏れが発生するケースなどもあります。 そうなると、追徴課税が発生し、金銭的な負担が生じてしまいます。

“見解の相違”・・・ですか・・・?

はい。 そのほとんどのケースが、納税者側が「これくらい大丈夫だろう」という勝手な判断していたことで起きる申告漏れによるものです。 また、追徴課税の場合、取引している相手の会社にも、精神的・時間的な負担を与える可能性があります。 なぜなら、申告漏れが発生したということは、相手との取引の内容を申告できていなかったということにつながり、税務調査官は相手の会社のことも調べようとするからです。

相手の会社も調べられちゃうんですね・・・! それって、相手との今後の取引にも影響が出てきそうですね・・・。

そうなんです。 だから、税務調査に対する準備を事前におこなっておくことは、自分の取引先との関係を守る上でも大切なんです。 備えあれば憂いなし。 「忘れてた!」と気付いたときにはもう手遅れなので、ぜひ今回の記事をしっかり読んでおいてください。

というわけで、ここからは、元税務調査官である私「前原」が井阪さんに代わり、税務調査を無事に乗り切るためのノウハウをお話ししていきます。

元税務調査官としての視点からお話ししていきますので、なかなか見えてこない税務調査の裏側を可能なかぎりお伝えしたいと思います。 今回のノウハウを憶えておけば、突然の税務調査にもビクビクしなくて済むはずです!

情報量の多いページですが、項目別にまとめましたので、自分が知りたい情報が決まっている方は、目次のメニューをクリックして好きな項目から読み始めてくださいね。

●このページの目次

税務調査とは? 税務調査官時代に経験したエピソード 「任意調査」と「強制調査」とは? 「事前連絡」と「事前調査」の内容 税務調査の流れと注意点 調査1日目の午前中 調査1日目の昼休み 調査1日目の午後 現況調査、現金監査 調査2日目 その後 税務調査での「お土産」について 税務調査の対象となりそうな会社のパターン 税務調査に対応するために憶えておきたい事前準備 日常業務における税務調査対策 事前連絡後の税務調査対応 税務調査を受ける前のチェックリスト 税務署という組織について 税務調査官もプレッシャーを感じている!税務調査官の仕事内容について

■税務調査とは?1、税務調査官時代に経験したエピソード

税務調査に関するノウハウをお教えする前に、私が税務調査官時代に経験したエピソードをひとつ紹介しておきます。

それは、大阪某所にて金属製造業を営んでいた会社の話です。

その会社の社長は金属製品の製造工程で生じる鉄くずを、定期的に訪れる回収業者に買い取ってもらい、その代金を「現金」で受け取っていました。

それがマズかったのです。 通常であれば、買い取ってくれた代金の現金を経理担当者に渡し、「雑収入」として計上すべきところでした。 しかし、金額も少額ということで、経理を通さず、その収入を従業員との飲食代に使う習慣ができてしまっており、飲食代の領収証も保管していませんでした。

そんな日々が続いたある日、税務調査が入りました。 税務署の担当調査官は、雑収入�

Source: https://www.firstep.jp/kaikei/%E7%A8%8E%E5%8B%99%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%81%AE%E6%99%82%E6%9C%9F%E3%82%84%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/

別れさせ屋 福井