会社設立11(開業資金)

会社設立11(開業資金)

会社 設立 資金

株式会社を設立希望なのですが、いくら資本金が1円からでも会社設立できるといっても、最低でも幾らくらい資金が要るものなのか教えてください。

の合計24万2000円は実費として必ず必要になります。その他にも、

よって、たとえ専門家に依頼せずに御自身で株式会社設立手続をすべて行ったとしても設立するには26万円程度のお金が必要になります。

弊社に御依頼いただいた場合、株式会社設立依頼料は29万6500円となります。 (消費税・登記時の印紙代・交通費・法人印鑑代込みの価格です。) 交通費無料地域詳細はこちら

ぐらいですので、御依頼を頂いた場合、総額30万円ぐらいで株式会社は設立できます。

なお、「会社を設立すること」ではなく、「会社を設立してお金を稼ぐこと」が目的ですので、会社で事業を始められる際の準備資金の用意を忘れずにお願いいたします。

既に個人事業を営まれているということであれば、必要機材などは揃っているはずですので、会社設立費用を用意するだけで事業を会社で始めることができますが、「会社を設立して一から事業を興すのだ」ということならばある程度まとまった準備資金が必要になってきます。

このほか、水道光熱費や旅費交通費、福利厚生費、交際費などの支出も頭にいれておく必要があるでしょう。

一から事業を立ち上げる場合は、最低でも300万円ぐらいの資金は必要だとお考え下さい。

Source: http://www.btob-expert.net/company_knowledge/cost/



動画を見ます 会社 設立 資金

会社設立11(開業資金)

詳細について 会社 設立 資金

会社設立に最低限必要な費用会社を設立するのに際して、必ず発生する費用のご紹介です。必要書類1. 定款認証代・印紙代(公証人手数料、印紙代、謄本代)

株式会社の場合、公証人の手数料として5万円、謄本代として1冊1,000円程度(2冊で2,000円程度)、印紙代4万円の 計9万2,000円が必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代が発生しないため合計5万2,000円で済みます。

※謄本は通常、登記申請用・保管用の合計2冊必要になります。

合同会社の場合、株式会社と異なり、公証人の手数料、謄本代は不要で、印紙代4万円だけが必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代も発生しないため、費用自体発生しません。

2. 登録免許税

株式会社の場合は印紙代として15万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

合同会社の場合は6万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

3. 登記簿謄本代、印鑑証明書代

契約締結時や銀行口座開設時に必要となることがあります。 登記簿謄本代1通600円、印鑑証明書代1通450円の登記印紙が 必要となります。会社設立後に、必要に応じて法務局へ請求します。

4. 行政書士・司法書士への報酬

ご自身で行う場合は当然不要です。具体的な額は事務所により千差万別ですので、各ホームページ等でご確認ください。

ただし、行政書士単独の事務所にご依頼の場合、行政書士は登記申請を代理することはできませんので、業務は定款作成・認証、 必要書類の一部の作成に留まります。 また、税理士事務所は会社設立手続の代行は法律上認められていません。ご注意下さい。

その点、当サービスは司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士がそれぞれの職域に従い共同してすべての手続を 一括して承りますのでご安心下さい。

最低限発生する費用株式会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

合同会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

関連サービス

>> 株式会社設立 >> 合同会社設立

起業の基礎知識

>> なぜ会社とすべきか >> 会社の種類の選択 >> 会社設立までの手続の流れ >> 最低限必要な費用 >> 会社設立後の手続 >> 許認可が必要となる主な業種 >> 会社の主な税金 >> 特許と商標の基礎 >> 起業時の資金調達 >> キャッシュフローの重要性 >> 事業計画とは >> 人を雇用したときの手続

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/q-a/page123.html

別れさせ屋