会社設立 福岡市 税理士 役員借入金 78

会社設立 福岡市 税理士 役員借入金 78

会社 設立 役員

会社設立 福岡市 税理士 役員借入金 78

詳細について 会社 設立 役員



毎年、ある時期になると役員報酬ランキングなどが発表され、どこの会社の誰がどれぐらいの報酬を貰っているのかが話題になりますよね。

独立起業を目指している方は、そういう額を見て「いつかは自分も!」と夢や野心を持っていることでしょう。

ちなみに「2011年の上場企業の役員報酬ランキング」をIRORIOさんが分かりやすくまとめていますので目を通してみるのも良いでしょう。このように役員報酬を見てみると、どことなく華やかなイメージがあるかもしれません。しかし、独立起業を目指している方は、役員報酬のからくりをしっかりと理解しておく必要があります。

なぜなら、あなたが会社を設立した時には当然、資金繰りを考えなければいけません。そして資金繰りという面では「法人税の支払額」がある程度、見込み通りになるように計画的に会社を運営する必要があります。そして、実は、あなたが会社を設立した時に貰う「役員報酬」をいくらにするかによって、法人税の納税額は驚くほど変わってきます。

そのため、どの社長も、まず最初に「自分の役員報酬額をいくらにするか?」で非常に頭を悩ませます。

そこで、当ページでは、「役員報酬とは何か?」という基本的な説明から、節税したり会社のキャッシュフローを最大化するためには、「どのように役員報酬を設定するべきか?」などの会社を経営する上で、必ず押さえておくべきノウハウをご紹介します。

1.役員報酬(役員給与)とは〜経営者はどのように報酬を決めているのか?〜 2.役員報酬の決め方と注意点   2−1.役員報酬の額によって納税額はこんなに違う?!   2−2. 役員報酬の注意点①:会社の損益計画が狂うと納税額も大きく狂う!      2−2−1.計画なしに売上が伸びてしまうと納税額が跳ね上がる!?      2−2−2.毎期しっかりとした1年の損益計画を作ろう   2−3.役員報酬の注意点②:定期同額給与を理解していなければ痛い目に?!      2−3−1.定期同額給与とは?      2−3−2.定期同額給与で良くある失敗例   2−4.役員報酬の注意点③:使用人兼務役員にすると納税の選択肢が増える   2−5.役員報酬の注意点④:法人税や所得税だけでなく社会保険料額も絶対に把握しておこう 3.役員報酬の変更方法   3−1.役員報酬を減額する場合   3−2.役員報酬を増額する場合   3−3.役員報酬変更の議事録の書き方   3−4.役員報酬の変更に関する注意点:さかのぼっての減額や増額はできない 4.まとめ:起業して成功するためには役員報酬には細心の注意を払おう

※注:当ページ内での計算方法は分かりやすくするために簡単化していますのでご了承ください。

1.役員報酬(役員給与)とは〜経営者はどのように報酬を決めているのか?〜

毎年、どこの役員がどれぐらい稼いでいるのかが話題になりますよね。実は、どこの会社も、役員報酬は税法と照らし合わせて、非常に綿密に決定されています。なぜなら、税法では役員報酬は原則経費にできない(=損金不算入)からです。そのため、節税が効く範囲(=損金算入)で決める必要があるのです。

そのことを知らずに役員報酬を高額にして、会社の利益を下げ、法人税の支払いを少なくしようとしても、後になって、「その役員報酬は経費として認められないので、法人税はこれだけ上がります。」と慌ててしまうことになります。そして、これから起業独立を目指している経営者予備軍の方や、新米の経営者は、この点を理解していなければ、会社の資金繰りがとても大変になってしまいます。

さて、現在、税務上、会社の経費(損金)として認められるものは以下の6つです。

定期同額給与:毎月一定の時期に定額で支払われる報酬 事前確定届出給与:事前に税務署に届出をして、その届出の内容通りに支給される報酬(賞与) 利益連動給与:大会社で認められている利益に応じて支払われる報酬(出来高のようなもの) 退職金:その名の通り ストックオプション:現金の代わりに支給される自社株 使用人部分の給与のうち相当なもの:「2−4.使用人兼務役員」の項にて後述

これに該当しないもの、例えば事前に届出をせずに支給した役員賞与などは経費(損金)になりません。このように、従業員に払う給与と比べて役員給与(報酬)には、税務上、様々な制限が課されています。そして、繰り返しになりますが、ほとんどの企業は税務上、経費(損金)として認められる範囲で役員の報酬を決めているのです。

それでは、次から、実際に、役員報酬を決める時に、どのような観点で決めているのかをご説明します。ここから、これから起業を考えている方や、起業して間もない方も、会社経営を効率的に行うために、とても大切な知識やノウハウとなりますので、しっかりと目を通しておくようにしましょう。

注:ちなみに、2006年の税制改正以降、それまでの役員報酬や役員賞与は、まとめて「役員給与」と呼ばれるようになっています。当ページでは、簡単化のため「役員報酬」という言葉をそのまま使っています。

2.役員報酬の決め方と注意点

通常、役員報酬は起業直後の会社にとっては最も大きな費用となります。そのため、役員報酬をいくらにするかによって、会社が払う税金(法人税)や社長であるあなた自身が個人として払う税金(所得税)が大きく変わります。例えば初年度の利益が2400万円の場合、役員報酬をいくらにするかだけで支払う税金の額が、約280万円ほども開きが出てきます。

これだけ違いが出てくるので、当然会社の資金繰りにも大きく影響してきます。この点に関して、更に詳しくお話します。

2−1.役員報酬の額によって納税額はこんなに違う?!

一般的な会社経営者は納税に関して以下のうちのどれかに分かれることでしょう。そして、どの考え方を重視するかは、あなたの会社経営の方針によって柔軟に考えておく必要があります。

会社ではなく、できるだけ個人に利益が残るようにしたい: 例えば、一人会社で、近いうちに個人名義で住宅や車を買いたいと考えているが、その時にローン審査があるので個人所得を確保し

Source: http://inqup.com/exectives-reward



別れさせ屋 大阪