会社法商法入門1 8 株式会社の設立手続 | 小泉司法書士予備校

会社法商法入門1 8 株式会社の設立手続 | 小泉司法書士予備校

会社 設立 要件

会社法商法入門1 8 株式会社の設立手続 | 小泉司法書士予備校

詳細について 会社 設立 要件



合同会社の設立手順

◇ 設立する前に「ちょっと一息」 ◇

1.会社の基本事項の検討

まず最初に合同会社設立に必要な事項を決定していきます。 この段階で最低限検討するべき事項は下記のとおりです。

2.類似商号調査を行う

本店を置く市町村を管轄する法務局(登記所)で類似商号調査を行います。 会社設立の際の最も重要な作業の一つです。

3.会社の各種印鑑を作る

「2」の類似商号調査で、類似商号が発見されなければ社名はほぼ決定します ので、会社設立に必要な印鑑類を作成しておきます。ちなみに弊社では印鑑作成の取次サービスも行っております。是非ご利用下さい。

4.出資者・役員就任者の印鑑証明書を用意する

会社設立の手続には、発起人および役員(取締役・監査役)予定者の実印と印鑑証明書が必要です。発起人・役員予定者はすぐに印鑑証明書をとっておくようにしましょう。

5.役員の選任、定款の作成

会社の組織や運営についての規則を定めた「定款」を作成します。定款の記載により、業務執行社員を正式に選任します。

6.本店所在地の決定・代表社員の選任・資本金額の決定

定款で「詳細な本店所在地住所」や「設立時の代表社員」、「設立時の資本金の額」を決定していない場合、社員(出資者)が集まり、これら未決定部分を決定します。定款に記載することでこれら事項を決定している場合は「代表社員、本店所在地及び資本金決定書」は不要です。「7」の株式の払い込みに進みましょう。

7.資本金の払い込み

株式の発行分の資金(会社設立時の資本金)を金融機関に払い込みます。現物出資財産がある場合は「財産引継書」を作成します。

8.役員の調査

「7」で資本金がきちんと会社に払い込まれたかどうかを調査します。

9.合同会社設立登記

法務局にて合同会社設立登記の申請を行います。申請が受理されてはじめて新会社の誕生です。なお、登記申請は「8」の役員の調査終了後2週間以内に行わなければいけません。

10.官公署への届出

会社設立後、関係する官公署(税務署など)への届出が義務づけられています。 会社の登記申請が受理されたら、早速準備を始めましょう。

登記手続き完了後にまずすべき事

 合同会社の設立手順をざっと述べると上記のようになります。

 会社を設立するには、このWebサイトで説明しているように、非常に多くの書類を作成しなければなりません。もちろん、設立書類の雛形は、ちょっと大きな書店に行くと「会社設立」のマニュアル本が山のように売られていますし、私のようにホームページで情報を提供しているようなところもあります。

 しかし、手慣れた人が書類を作成・準備するのならともかく、はじめての人が一からすべて間違いなく、しかも短時間でそろえることは、大変骨の折れることです。とても疲れます。

 苦労して書類を一から作り、公証人役場や法務局で何度も手直しをさせられて、やっと設立登記が完了した会社というのも、「自分が設立した」という愛着が湧き、いいとは思いますが、このWebサイトを見られている方は「会社を設立すること」が商売ではないはずです。設立した会社で事業を興すこと・お客様に最高のサービスを提供し満足してもらうことが本業ではないでしょうか?

 会社設立手続に何ヶ月も時間をかけるならば、設立後の事業準備のために時間をかけられた方が設立者・そしてそのサービスを受ける消費者にとっても利益となると思われます。

 また、これから会社を経営していくうえで、少なからず専門家に頼らなければいけない部分も出てくるでしょう。早い段階から、そうした方達とつながりを持てるメリットは無視できません。

 甲子園法務総合事務所では、会社の名称・事業目的の決定など「会社設立前の準備段階」から専門家ならではの知識を活かしたコンサルティングを行っております。来所いただいての設立相談は無料で承っております。ぜひ弊社の無料相談をご利用下さい。

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/goudou/



当事務所には、起業をご検討されている方や法人なりをご検討されている方から 「会社を設立した方が良いのか? 個人事業の方が良いのか?」 「個人事業でなく、法人を設立するメリットは?」 「このまま個人事業主が良いのか? それとも法人成りした方が良いのか?」 といった内容のご質問を非常にたくさん頂きます。

法人には法人の、個人事業には個人事業のそれぞれメリット・デメリットがありますので、一概にどちらが良いと言うことは難しいです。

最初の手続きや費用だけを比べれば、個人事業の方が簡単にスタートできます。 個人事業の場合は、税務署に開業届けを提出するだけで事業を始めることができます。

一方、株式会社や合同会社を設立して事業を始めるには、費用と時間がかかります。

当事務所のような設立手続きを代行する専門家に依頼しないで、ご自身で手続きされても、法定費用(公証役場や国に払う登録免許税など)として

 *株式会社の場合は、最低約242,000円   (定款認証費用:約92,000円、定款の枚数により異なります。)   (設立登録免許税:最低150,000円、資本金額により異なります)  *合同会社の場合は、最低約100,000円   (定款に貼る収入印紙代:40,000円)   (設立登録免許税:最低60,000円、資本金額により異なります)

また、手続きにかかる時間は、各々違いますが2〜4週間はかかると思って下さい。

当事務所のような設立手続きを代行する専門家に依頼すれば、面倒な書類作成や手続きは、全て任せる事ができ、法人設立までの時間もかなり短縮できますが、上記の法定費用の他に報酬代(手続き代行費用)がかかります。

このように最初の費用や手間(時間)だけを考えると個人事業を選ぶ方が多そうですが、 ここ数年は、最初から株式会社や合同会社を設立して独立・起業される方が非常に増えています。

法人(特に株式会社)を設立される方が増えたのには、2006年5月の会社法施行によって、法人の設立要件が非常に緩くなった事が一因と思われます。

例えば、会社法施行前(2006年5月以前)に株式会社を設立するには、資本金1,000万円以上+最低役員4名(取締役3名、監査役1名)以上と厳しい設立要件でしたが、現在は資本金1円以上、役員1名(取締役1名)以上と簡単に設立できるようになっています。

合同会社は会社法施行によって設立できるようになった新しいスタイルの法人ですが、やはり資本金1円以上、役員1名以上で設立できます。

株式会社や合同会社などの法人が簡単に設立できるようになった事以外には、

◆税金問題  *節税対策(法人の方が節税しやすい)

◆信用問題  *個人事業だと取引先に限界がある  *個人事業だと契約できないケースがある

が、多くの方が法人を選択される理由と言われています。

当事務所で過去に個人事業主から法人成りをお手伝いさせて頂いた多くの方が、法人成りした理由として、

 *節税対策(顧問先の税理士さんから法人化を薦められたなど)  *対外的な必要性(取引先から法人化を要請されたなど)

信用問題ですが、特に近年、不景気の影響もあってか、

 *「取引先から法人でないと今後、取引できないと言われた」  *「営業先で法人でないと契約できないと言われた」

株式会社であれば債権者(契約者)を保護する法的な規定がありますが、個人事業にはそのような規定がありません。

債権者(契約者)からすれば、何の保証も無い個人事業よりは法人との契約を望むのは当然の事と言えます。

また近年インターネット等で販売をされる方も多いですが、消費者(買う側)からするとやはり会社の方が安心感を与えるのは事実です。 (よほど個人的に知名度等があれば別ですが)

ここでは、個人事業と法人のどちらでスタートするか迷っている方のために、以下のコンテンツをご用意させて頂きましたので、是非ご参考にして下さい。

■個人事業と法人の比較 ■個人事業と法人の税金面の比較 ■個人事業と法人のメリット・デメリット ■各法人の比較 ■自分に最適な起業のスタイルは?

Source: http://www.kaisha-mystyle.jp/oyakudachi/index02.html

www.wakare-pro.com