株式会社の決算、設立するなら合同会社がトレンド!

株式会社の決算、設立するなら合同会社がトレンド!

会社 を 設立 する

株式会社の決算、設立するなら合同会社がトレンド!

詳細について 会社 を 設立 する



社員とは合同会社を立ち上げる際に「会社に出資を行う人」を言います。従業員という意味ではありません。

これから合同会社を立ち上げようとしている人=社員です。

まだ個人の実印を作っていない場合は、ハンコ屋さんに作ってもらいましょう。インターネットから簡単に購入できますし、即日納品もめずらしくありませんので、すぐに準備できると思います。

100円ショップで売っている認印やシャチハタ印等を実印とするのは盗難に合った場合に偽造されやすいので、安物は控えておきましょう。

定款等の書類には実印での押印は求められていませんが、後のトラブルを防ぐため、信頼性を担保するために実印での押印します。

※社員が法人の場合は、法人の実印が必要です。法務局へ印鑑登録している実印を準備してください。

自分の実印を登録(印鑑登録)していれば「印鑑証明書」を取得することができます。

まだ印鑑登録をしていない場合は、お住まいの役所(市区町村役場)で印鑑登録を行いましょう。印鑑登録は直接本人が役所へ出向いて行わなければなりません。実印と身分証明書(免許証等)を持参して、役所の窓口へ申請します。

申請が完了すると「印鑑登録証」というカードが発行されます。このカードを使って「印鑑証明書」を取得することができます。発行費用は1通300円程度です。

法務局へ添付するのは代表社員の印鑑証明書のみです。代表社員以外の社員は必要ありませんが、定款に社員の住所・氏名を印鑑証明書通り記載することが求められていますので用意します。

※社員が法人の場合は、法人の印鑑証明書、登記事項証明書が必要です。どちらも法務局で入手できます。

合同会社に出資をするための銀行口座を準備します。

合同会社を設立する前なので、当然ですが、まだ会社名義の銀行口座はありませんから、出資金は一旦、社員個人の銀行口座へ払い込みます。

新規口座を開設する必要はありません。現在お持ちの銀行口座で銀行であればどこでもOKです。ゆうちょ銀行もOKです。

社員が複数名の場合は代表者の銀行口座へ各社員がそれぞれの出資金を払い込みます。そして、合同会社設立後に会社名義の銀行口座を作り、そこへ出資金を移し替えます。

※社員が法人の場合は、法人名義の銀行口座が必要です。

これから設立する合同会社の法人実印を準備します。法人実印は会社代表者印や単に代表者印とも呼ばれたりします。

法人実印は規格がありますが、ハンコ屋さんに会社の実印を作りたいと頼めば規格にあった印鑑を作ってくれます。

高額でなくてもいいので質の良い商品を選びましょう。

実印以外にも銀行印、角印(認印)のセットで準備しておくと便利です。

法人実印の作成方法はこちらを参考ください。→合同会社の設立に必要な法人実印

会社の住所は法務局で登記されますので、正確な住所が必要です。

例えばビル名やマンション名がなければ郵便物が届かない場合は、ビル名やマンション名と号室まで登記をしておいた方がよいでしょう。

会社の住所は社員の自宅住所でも構いません。最初は社員の自宅で会社を立ち上げて事業が起動にのれば他に事務所を借りるといったこともできます。

ただし、自宅が賃貸住宅の場合は「住居用」であって「事業用」としての使用が認められない場合もありますので、必ず事前にマンションの管理会社等に確認してください。

<まとめ>

合同会社は株式会社と比べると比較的簡単に設立できる法人です。必要なものが揃えばあとは定款や登記申請書等の必要書類を作成していくのみ。

定款の作成方法はこちらを参考にしてください。 →8つのポイントを押さえよう!失敗しない【合同会社定款作成マニュアル】

設立書類の解説はこちらを参考にしてください。 →合同会社の登記事項と設立登記申請に必要となる添付書類について

ご自身の手で、最も安く、簡単に合同会社(LLC)を設立したい方へ!

自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円 当キットをダウンロードして手続きを進めれば、最短1日で設立手続きは完了します。 少しでも安く設立を済ませたい方 時間があるので自分でも動ける方 自分自身も手続きに携わりたいという方 超特急で今日中にでも登記申請を完了させたい方 自分で出来る!合同会社設立キットでは、設立手続きに必要な書類一式の雛型及び書類作成マニュアルを同梱しております。(現物出資による設立にも完全対応) 会社設立実績1500社を超える専門家(MOYORIC行政書士合同事務所&行政書士法人WEITHNESS)が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。 → 自分で出来る!合同会社設立キット詳細はこちら

【関連ページ】これらの記事も読まれています

合同会社設立に必要なもの 合同会社設立手続きの流れ・フロー 定款作成マニュアル 商号(会社名) 事業目的(事業内容) 本店所在地(会社の住所) 資本金(出資金) 事業年度(決算月) 公告方法 設立登記事項と設立登記申請に必要となる添付書類 合同会社設立に必要な印鑑証明書 合同会社設立に必要な法人実印 銀行口座の開設手続・必要書類

融資を断られた方でも資金調達可能。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。 無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。 売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。 100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円

当キットをダウンロードして手続きを進めれば、最短1日で設立手続きは完了します。

自分で出来る!合同会社設立キットでは、設立手続きに必要な書類一式の雛型及び書類作成マニュアルを同梱しております。(現物出資による設立にも完全対応)

会社設立実績1500社を超える専門家(MOYORIC行政書士合同事務所&行政書士法人WEITHNESS)が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。

→ 自分で出来る!合同会社設立キット詳細はこちら

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

Source: http://xn--eck8d4d171lfb8bc7bu56b.com/archives/902.html



これまで、ハワイに会社を設立して、多くの日本人がハワイに進出しております。「ハワイで起業したい!」「ハワイで会社を設立したい!」「ハワイに移住したい!」とお考えの方々のために、本日はハワイにおける起業や会社設立のメリットとデメリットについてご紹介します。

1.忘れてはならない!ハワイはアメリカ合衆国の一部である

まず、ハワイがどのような場所かについて再度確認しましょう。ハワイは、ご存知の通り、アメリカ合衆国の州のひとつです。アメリカは、フロンティアスピリットを持っている人々を応援するのが大好きです。そのため、零細企業でも、人気が急上昇して、いきなり成功する可能性があります。そんなビッグな目標に向かってハワイで頑張っている事業家もたくさんいます。

一方で、アメリカは訴訟大国。日本とは感覚が異なる点が多いにありますので最大限の注意を払ってビジネスを行う必要があることでしょう。このように、ハワイでの起業・会社設立について考える場合、ハワイがアメリカであるゆえ、アメリカでの起業・会社設立について考えていく必要もあります。

2.ハワイでの起業・会社設立のメリット

まず、ハワイでの起業・会社設立のメリットについてご紹介致します。

①日本国内でも「ハワイ法人日本支店」として登記可能

ハワイで設立した会社について、日本の法務局でも、「外国会社の営業所設置登記」ができます。日本で支店登記をすれば、日本でも法人格のある事業体として活動することが可能となります。また、登記簿謄本や印鑑証明なども取得できるので、日本の銀行でハワイ法人の銀行口座を作ることも可能です。

②ハワイは日本人が多く日本語も通じやすい

ハワイは、観光客に限らず、労働者や住民にも日本人がたくさんいます。また、銀行や空港、ホテルといった場所にも、日本人もしくは日本語が話せるスタッフがいるので、英語に自信がなくても安心です。また、日本からハワイへもすぐに行くことができるので、海外で起業するにはもってこいの環境といえます。

③米国法人のみという規制もクリアできる

アメリカ国内で開かれるイベントの中には、日本の会社が参加できないものもあります。しかし、ハワイ法人は米国法人ですので、アメリカのイベントにそのような制限にかかることなく参加することが可能です。また、ハワイ最大級の会員制卸売りストア「COSTCO」でも、ハワイの法人会員になることができます。

④グローバルビジネスの足がかりになる

日本企業もこれからの時代は、マーケットをグローバルに捉えていかないといけません。国際競争力を維持・増進するためにも海外戦略は非常に重要となってきます。また、アメリカはインターネット人口が日本の約4倍であり、かつ、次々と新しいインターネットビジネスが生まれています。ハワイに法人を設立することはグローバルビジネスの足がかりになろうかと思います。

⑤ハワイというブランドイメージ

日本では、ハワイやアメリカということだけである種のブランドイメージが確立されているといえます。したがって、メイド・イン・ハワイ、メイド・イン・USAで商品やサービスを展開するという戦略は、日本マーケットへの逆輸入という点でも非常に良い効果をもたらす場合があります。日本国内のアパレルメーカーのイメージ戦略として、USAデザインの商品としてカジュアルウェアなどを開発・販売しているケースなどがその例としてあげられます。

⑥アメリカ法人ゆえの資金調達の有利さ

アメリカは日本よりも直接金融、すなわち、株式や社債による資金調達が進んでいる国です。したがって、IPO(株式公開)やバイアウトなどの資本政策如何ではありますが、アメリカのベンチャーキャピタルやエンジェル等からの資金調達が有利となる可能性があります。また、日本にはないエクイティとデッドの混合型など資金調達のスキームも数多く存在します。 一方で、ハワイ法人であることによる資金調達面のデメリットもあります。こちらについては後ほどご紹介します。

⑦外国の銀行を利用することができる

もちろん日本にいても外国の銀行を利用することはできるかもしれませんが、ハワイで起業したり、会社を設立すると、Bank Of HawaiiやFirst Hawaiian Bankなどで銀行口座を開設し、ビジネスを展開することになるでしょう。ハワイビジネスは当然、USドルで行われますので、ハワイ法人を通じて外貨の取り扱いや、為替感覚について体で感じて学ぶことができるでしょう。

⑧代表者がハワイに居住していなくても良い

日本で会社を設立する際には、代表取締役のうち少なくとも1名が日本において住所を有する者でなければなりません。しかしながら、ハワイで会社を設立する際には日本人はハワイに住所を有している必要がありません(そのかわりレジスターエージェントを指定する必要があります)。したがって、日本人でも容易にハワイに会社を設立することができるので、これもメリットの1つといえるでしょう。

⑨国際特許戦略上プラス

日本よりもアメリカのほうが特許を取得しやすいという現実があります。ハワイ法人も米国法人ですので、ハワイ法人のビジネスに知的財産権が関連する場合には、特許が必要となるかと思いますが、そのような場合に米国法人であることが強みになることがあります。とりわけ、国際特許出願はアメリカのみで良いというケースでは、アメリカに直接特許を出願する方が安く済ませることも可能です。

3.ハワイでの起業・会社設立のデメリット

続いて、ハワイでの起業・会社設立のデメリットについてご紹介致します。

①登記の年度更新が毎年必要になる

ハワイでは、毎年法人登記の更新手続きをしなければなりません。また、この際には登記更新の手数料も必要となります。これは日本にはない制度です。ただし、日本では法人住民税の均等割というものが小さくても約7~8万円かかりますので、支出という観点ではあまりかわりません。

②登記情報のディスクロージャーが充実されすぎている

実はハワイ法人の登記情報は多くが公開されることとなります。例えば、MAILING ADDRESS(郵便物送付住所)、株主、過去の登記変更履歴など。これはインターネットで簡単に閲覧することのみならず、

Source: http://www.llc-kobe.net/seturitu/necessary.html

別れさせ屋