外国人が日本で会社を設立する方法(経営・管理)

外国人が日本で会社を設立する方法(経営・管理)

会社 設立 の 仕方

失敗しない旅行会社の起業方法失敗しない旅行会社の起業方法とは?

旅行業で起業・独立するためには、店舗や旅行業免許など、いろいろと準備が必要になります。

例として、資本金450万円で法人を設立され、全国旅行業協会(ANTA)に加入し第3種旅行業で起業された事業主さんを例に挙げます。

この場合、資本金から60万円の分担金を納付する事になりますが、十分に基準資産額300万円を満たすことになります。

必要な設備投資は、以下のようになりました。

営業開始後には、資本金とほぼ同額の資金が必要になります。

運転資金が全くないような状態で、事業開始というのは非常にリスクのある状態だと思います。

運転資金分まで、貯めてから起業するという方法もあるでしょう。

ですが今回の場合、少なくとも自己資金が450万円あるのですから、さらに運転資金として同額程度あればだいぶんと心強いのではないでしょうか?

また、起業直後に、国が人件費や設備投資を補助してくれて、しかも返済の必要がない制度を準備してくれるのなら、ぜひ利用したいと思いませんか?

何の事績もない起業直後こそが、公的融資と助成金受給の最大のチャンス起業家の味方、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)

起業直後は何の実績もないのは当然です。 当然ではありますが、銀行などは実績のない起業家に融資を実行してくれることはまずありません。

そんな起業家にとって、融資を実行してくれるのが日本政策金融公庫です。

銀行とは異なり、起業直後であっても、説得力のある事業計画書と融資申込額の半分程度の自己資金があれば、融資が実行される可能性はかなり高くなります。

返済不要の助成金

国は起業家支援のために様々な助成金制度を用意してくれています。

助成金を受給するためには一定の要件を備える必要はありますが、人材の雇い入れにかかる賃金や設備投資にかかる経費の一部を補てんしてくれるものがあります。

ひかり行政書士法人では、起業の準備段階から会社設立・旅行業登録、上記のような起業後の公的融資や助成金申請まで、社会保険労務士や税理士とともにトータルサポートを実施しています。 お問合せ・疑問点等がございました、お気軽にご相談ください。

お問合せ方法

Source: http://www.nagoya-kaisha.jp/cat-1/807.html



動画を見ます 会社 設立 の 仕方

外国人が日本で会社を設立する方法(経営・管理)

詳細について 会社 設立 の 仕方

会社を設立し、従業員を雇用すると必ずやらなくてはいけないのが給与計算です。

独立開業前、サラリーマンだったときは、もらうだけであまり深く考えなかった給与明細の内訳ですが、支給する立場になるとその内容について知っておかなくてはいけません。

ここでは簡単に給与計算の方法についてご説明します。

給与計算の手順

給与計算は概ね次の手順で行います。

労働時間の計算方法

事業者は労働者の労働時間の適正な把握のため、タイムカード、ICカード等の客観的な記録を基礎として確認し、記録することが必要です。

労働時間は、これらの記録をもとに計算します。

課税支給額の計算方法

基本給以外の残業代、手当などの計算をします。

この基本給と各種手当などを合計した金額が課税対象となります。

ただし交通費などは、課税対象とならないため差し引く必要があります。

控除額の計算方法

給与計算で一番大変なのは、各種保険料などの計算です。

それぞれの計算方法は次のとおりになります。

健康保険料は、都道府県ごとの保険料額表をもとにその金額を計算します。

都道府県ごとの保険料額は、全国保険協会のホームページに載っています。

全国保険協会のホームページはこちら

厚生年金保険料は、日本年金機構のホームページに保険料額表がありますので。それをもとに計算します。

日本年金機構のホームページはこちら

雇用保険料は雇用保険料率表をもとに計算します。

平成26年度の雇用保険料率は下記のとおりです。

源泉所得税の計算

会社又は個人事業主が人を雇用し給与を支払う場合には、支払う度に支払金額に応じた所得税及び復興特別所得税を差し引くことになっています。

これを源泉徴収といい、差し引いた所得税は給与を支払った日の翌月の10日までに税務署へ納める必要があります。

源泉所得税は、国税庁が配布している源泉徴収税額表を見て計算します。

給与計算代行サービス

毎月の給与計算は、大変な作業です。

給与計算で下記のようなお困りごとはございませんか?

行政書士ひかりコンサルタント事務所では、毎月の給与計算を代行させていただいております。

Source: http://n-ryokou.com/info/info4.html

www.ac-sodan.info