創立費や開業費って何?会社設立前に知ってるとお得な情報(税理士 佐藤和彦)【無料動画】

創立費や開業費って何?会社設立前に知ってるとお得な情報(税理士 佐藤和彦)【無料動画】

会社 創立 設立

創立費や開業費って何?会社設立前に知ってるとお得な情報(税理士 佐藤和彦)【無料動画】

詳細について 会社 創立 設立



独立・開業・起業・創業・設立の違いを超わかりやすく説明したい。

こんにちわ起業マンです(`・ω´・)ノ”

僕はこういった起業支援ブログをせっせと毎日書いてるんですけど、

開業とか起業の使い分けがよくわかってないことに気付いたんですね(笑)

文章を書く人間が言葉を知らないのはもう正に青天の霹靂(意味分かってない)

とってもわかりやすく書いてきますので見てって下さい☆

起業マンの日本語勉強会

似てるようで若干違うこれらの言葉。

ちょっとした使い分けが異なるので参考にしてみてください。

使い方

使い方としては、会社を出すなら基本「起業」を使って良さそうです。

使い方

起業が未来系なら創業は過去形として使います。

自立する。一人前になる的な意味がある独立。

国がーとか子供がーって使いますよね!?

使い方

起業の中でも、新しく何かを立ち上げるわけじゃなく、

ずっと今まで働いてた職種で起業する時に使う感じです。

美容師やデザイナーなど、専門職って感じですね。

なので、ニートから起業する時は独立は使いませんね。意味が変わっちゃいますね。

使い方

会社よりは「お店」に使う感じがしますね。

また医者の独立は「開業」を使います。

組織・施設・制度を新たにつくること。

使い方

この場合目に見える物の事に使うことが多いです。

まとめ

Source: https://www.kaike1.com/company/procedure-c/company-formationcost-journal2408



投稿 2014/09/22 編集 2015/02/24 会社設立費用の仕訳について教えてください ツイート 会社設立費用には大きく分けて、開業費と創立費という2つの費用項目があります。これらは開業の前後に支出した経費を開業初年度に仕訳する場合に発生します。 会社設立時に発生した費用は、通常の経費とは異なります。 開業費・創立費それぞれの費用項目をおさえたうえで、正確な仕訳を行うようにしましょう。   【詳しく回答をみる】 会社設立費用とは 会社設立費用の仕訳方法 まとめ

会社設立費用とは

会社設立を行うと、多くの費用を支払うこととなります。

会社設立手続きにかかった費用や、実際に営業を行うための準備にかかった費用など、細かな支出を合計したものが会社設立費用となります。

この会社設立費用は、大きく「開業費」と「創立費」の二つに分けることが出来ます。 まずは開業費と創立費の違いをおさえましょう。

開業費とは

会社設立後から営業を開始するまでの、開業準備のために特別に支出した費用をいいます。特別に、というところがポイントで、開業後も経常的に発生する費用については税法上、開業費とはみなされません。

開業費ではなく、支出年度の費用として処理します。

特別支出の具体例経常費用の例

開業準備に要した費用は、一括して開業費勘定(繰延資産)で処理しますが、20万円未満であれば支出した年度の費用として処理できます。その場合、個別の仕訳となります。

償却する場合、その金額は60か月の均等償却、もしくは任意償却の方法をとります。任意償却の場合支出した年に全額償却できますし、いつでも償却費として必要経費に算入することもできます。

支出年度に一括償却すると赤字になってしまうケースもあるので、年度末決算後、利益確定してから開業費の償却額はいくら、といった決め方が良いでしょう。

青色申告を行う個人事業主の場合は、赤字の繰り越し(最大9年)が可能なので、支出年度に全額を経費処理するやり方が推奨されます。

開業日の減価償却について、詳しくは「Q.開業費は減価償却されるとはどういう意味ですか?」にてご確認ください。

Source: http://lets-business.com/knowledge/similar/

別れさせ屋