会社 設立 メリット

会社 設立 メリット

会社 設立 メリット

会社設立・法人化(法人成り)による節税メリット~生命保険料~【東京都港区の税理士が解説】

詳細について 会社 設立 メリット



福岡県内最安値で会社設立を代行します!|福岡・北九州会社設立応援センター > 会社設立情報 > 会社設立のメリット・デメリット

会社設立のメリット・デメリット

新たに事業を始めるにあたり、多くの場合、会社設立を検討されると思います。 現在、株式会社の設立は簡素化され、会社の設立は容易になりました。 しかし、会社設立にはメリット・デメリットの両方があり、よく検討する必要があります。 独立や企業する際、必ずしも株式会社を設立する必要はありません。まずはメリット・デメリットを把握し、どの事業形態で始めるべきかの参考にしてみてください。

会社設立のメリット

1. 対外的信用力が上がる  取引できる企業が広がる  銀行からの融資が受けやすい  人材の確保に有利  事業に対する信頼が高い <取引できる企業が広がる> もちろん、個人、法人にかかわらず、あくまでその人の能力や信頼が一番重要であり、個人事業でも高額な取引は可能です。 一方、法人以外とは取引しない、という企業もまだ多くあります。特に大手企業は実績があっても個人事業とは取引しない会社もあります。

<銀行からの融資が受けやすい> 銀行からの借入も、個人事業主より株式会社の方が融資を受けやすく、借入額も高くなる可能性があります。

<人材の確保に有利> 雇用が不安定な現在、安定的な雇用を求める人は増えています。同じ採用条件であれば、個人事業より社会保険完備の会社組織に応募者は集まりますので、優秀な人材を確保しやすくなります。

<事業に対する信頼が高い> 上記全ての項目に関係することではありますが、株式会社の場合は、定款や登記簿謄本で個人と会社が明確に分けられているので、会社の財政・経済状況を把握しやすく、信用度も高いですが、個人事業の場合は、財政・経営状況が把握しにくいため、株式会社よりも信用度は低くなってしまいます。 また、個人事業の場合は個人事業主が亡くなった場合は、預金口座が一時的に凍結され、事業がストップしてしまいますが、株式会社の場合は他に取締役がいれば、会社の営業活動は可能です。諸手続きを経て新たに役員を選出することもできます。 このように、個人事業主では事業がストップしてしまう場合も、株式会社であれば活動できる点も信用面のメリットと言えます。

2. 税金面の負担が減る   所得税と法人税の税率差がある   給与所得控除が使える   経費の幅が増える   相続税がかからない <所得税と法人税> 個人事業の場合は、売上から必要経費を差し引いた残りが自分の所得となります。個人の所得が増えるほど、つまり、売上が増えるほど税率が高くなっていきますが、法人税は売上に係らず一定の税率になっています。よって、年間の所得が一定以上の場合は、会社を設立したほうが税金面では有利になります。

<給与所得控除> 会社の場合は、会社から役員報酬を含め、給与として支給される形になりますので、給与所得控除として一定割合を所得から引くことができます。

<経費の幅が増える> 会社組織にした場合、経費にできる費用が増加します。個人事業の場合は個人と事業の線引きが曖昧なため、どうしても必要経費として認められる範囲が小さくなってしまいます。一方、株式会社の経費は事業活動のために支出されたものとする前提があるため、個人事

Source: https://www.hitodeki.com/



会社設立がネットで簡単!

当サイトは必要事項を入力することにより、会社を設立するための登記申請書類をすべてネット上で簡単に作成できます。(電子定款、500万円以下の現物出資に対応)

インターネットの接続環境さえあればどこからでも利用でき、利用期間内であれば、何社でも会社を設立することができます。初めて会社設立する起業家から会計士、税理士、行政書士、司法書士等専門家の方も利用できます。

ご利用方法は会社設立の代行手続き利用ガイドをご覧ください。

情報入力から定款印刷・登記申請書印刷まで、会社設立の専門知識のない方でも手軽に法人の設立が行えるようになっております。また、会員登録費用は無料になっておりますので、この機会にぜひご利用ください。

Source: http://fukuoka-setsuritsu.com/setsuritsu/advantage-disadvantage/

ac-sodan.info