会社 設立 タイミング

会社 設立 タイミング

会社 設立 タイミング

ホーム  > > 各種支援サービス  > > 助成金コンサルティングサービス

助成金コンサルティング助成金コンサルティングサービス

助成金は、会社を設立した場合や高齢者を雇用した場合、育児介護中の従業員を雇っている場合など、 様々な場面で国から支給されるものです。しかし、中小企業においてはあまり活用されていないのが現状です。

助成金が活用されていない原因としては、「助成金自体の存在を知らない」「種類が多くて、どの助成金を受給できるか分からない」「手続きをできる専門的な知識を持った人材がいない」「申請手続きが煩雑で面倒臭い」といった理由が挙げられます。

TOMAでは、各種雇用関係助成金の受給手続きを代行しています。貴社が助成金を受給できる可能性を探り、受給可能である場合は手続きを代行させていただきます。助成金受給のためのノウハウのご提供から、必要書類・準備書類の作成、実際の申請までトータルでサポート可能。時間がない方や確実に助成金を受給したい方は、ぜひご相談ください。

助成金はタイミングが重要です

助成金は、申請するタイミングが重要。例えば、会社設立の際に受給できる助成金の場合、会社設立前の申請が必要で、会社ができてしまってからでは手遅れ……といったことも起こります。タイミングを逃すと本当はもらえるはずだった助成金がもらえなくなってしまいますので、ご注意ください。

会社設立時に受給できる助成金

会社設立時は何かと出費がかさみますから、使える助成金があればぜひ活用したいものです。以下は、会社を設立する際にもらえる主な助成金です。まずは、受給の可能性を探ってみましょう。

TOMAの助成金無料診断

助成金は様々な種類があるため、「自社で受給可能な助成金が分からない……」という会社も少なくありません。そこで、TOMAでは助成金の無料診断サービスをご提供しています。お客様は、数項目のアンケートにお答えいただくだけ。後日、当社より、ご利用できる助成金をご案内させていただきます。 >>助成金無料診断はこちら

Source: http://zeikin-sitteru.info/?p=103



動画を見ます 会社 設立 タイミング

会社設立・法人化 「よく分かる!会社設立マニュアル」

詳細について 会社 設立 タイミング

個人事業のお客様からよく尋ねられるベスト3

「法人にしたほうが得なんですか?」

「どのくらいの所得がでたら法人にしたほうがいいですか?」

「法人にするにはいくらぐらいかかりますか?」

というわけで、回答をまとめました!

「書類作成システム かんたん!会社設立」http://setsuritsu-system.com/

①売上1,000万円 経費500万円 差引利益500万円の場合、

税金は個人事業の場合が14,500円多い

500万円×20%=1,000,000円

法人にして利益500万円を給与とした場合【985,500円】

法人税 0円(法人県民税 21,000、法人市民税 50,000)

給与所得分 (500万円-427,500)×20%=914,500円

②売上1,500万円 経費700万円 差引利益800万円の場合、

税金は個人事業のほうが75,280円多い

800万円×23%=1,840,000円

法人にして利益800万円を給与とした場合【1,764,720円】

法人税 0円(法人県民税 21,000、法人市民税 50,000)

給与所得分 (800万円-636,000)×23%=1,693,720円

②売上1,500万円 経費500万円 差引利益1,000万円の場合、

税金は個人事業のほうが435,880円多い

1,000万円×33%=3,300,000円

法人にして利益1,000万円を給与とした場合【2,864,120円】

法人税 0円(法人県民税 21,000、法人市民税 50,000)

給与所得分 (1,000万円-1,536,000)×33%=2,793,120円

Source: http://www.toma-setsuritsu.jp/support/subsidy.html

http://ac-sodan.info