会社 登記 費用

会社 登記 費用

会社 登記 費用

#_会社化の費用は①設立費20万円+②毎年6万円の決算申告料で選べ

詳細について 会社 登記 費用



登記の費用と司法書士の報酬・手数料

 TOPページ > 登記の費用と司法書士の報酬・手数料

登記は、出てくる結果は同じなのに、

どこに依頼するかで、費用が大きく異なります。

 弊事務所では、お客さまの登記費用をできるだけ抑えるため、電子定款を利用(会社設立登記)しております。

 司法書士報酬・手数料はホームページ上で公開しておりますが、ご依頼者さまが置かれている個々の状況で変わる可能性があります。たとえば、相続では、相続人の中に行方不明者がいる、相続人間で争いが発生しているなどのケースです。 そのため、下記に記載した金額はあくまでも目安とお考えください。

 弊事務所では、まず登記費用について見積書を作成・ご提示し(見積りは無料です)、その金額にご納得いただいた上で、ご依頼いただいきますので、ご安心ください。

 日本司法書士会連合会のホームページで司法書士報酬の平均値が公開されておりますので、ぜひ参考にご覧ください。 http://www.shiho-shoshi.or.jp/about_shiho_shoshi/remuneration/index.html

電話によるお問合せは 03-5876-8291

携帯電話(ソフトバンク)は 090-3956-5816

会社登記(商業登記)に関する登記費用、司法書士報酬・手数料

  会社登記(商業登記)に関する登記費用、司法書士報酬・手数料のページへ

相続・不動産登記に関する登記費用、司法書士報酬・手数料 

  相続登記・不動産登記に関する登記費用、司法書士報酬・手数料のページへ

Source: http://tokyo-account.com/capital/cost.html



合同会社の登記総額費用は60,000円、株式会社は242,000円です。株式会社登記費用の詳細とその他にどのような費用がかかるか説明します。

1.株式会社の設立登記に必要な費用

株式会社を自分で登記するのにかかる費用は242,000円になります。最低限必要な金額の内訳と節約方法を紹介していきます。

定款認証手数料:50,000円 定款認証印紙代:40,000万円 登録免許税: 最低150,000円(※資本金の額×0.7%) 合計:242,000円

会社設立の準備にかかった費用は、設立する会社の経費となります。領収書は全て保管しておいてください。

定款認証料とは? (費用:50,000円)

定款とは、株主総会の招集方法、決算日など、会社の組織や活動などの規則を記した書類のことです。会社を設立するには定款を作成し、公証人に承認してもらう必要があります。作成した定款を公証人という役人に提出し、内容に不備がないか、法律に違反していないかを確認し認証してもらいます。これを定款の認証と言います。

定款に貼る印紙代とは? (費用:40,000円)

定款の認証を得るためには、収入印紙を貼る必要があります。その費用が40,000円になります。ただしこれは紙の定款で、電子定款の場合は無料となります。

電子定款とは?

電子文書として作成した定款のことです。電子媒体は印紙税法で課税対象外なので、非課税扱いとなります。つまり40,000円の費用負担が削減できるわけです。ただし電子認証に必要な機器やソフトを購入する必要があり、費用削減になりません。そこで電子認証を実施し設立費用削減が可能な代行会社、税理士事務所への依頼が増えています。

電子定款の作成に必要な機器等定款の謄本とは? (費用:約2,000円)

謄本とは原本の内容を写した文書のことです。定款の謄本は、約1,000円になります。定款の認証を受けた際に謄本を2通取得し、1通は法務局に提出して1通は会社に控えておきます。銀行から提出を求められたりするので、大切に保管しましょう。

登録免許税とは? (費用:150,000円)

登録免許税とは、登記の際に必要になる税金です。家や土地を購入したり会社を設立した場合など、登記する際に課せられる国税のことです。会社設立の場合の登録免許税は、資本金の7/1000の金額になります。この金額が15万円に満たない場合は、一律15万円の税額になります。

Source: http://www.sihoshosi24.com/a1195.html

http://ac-sodan.info