会社 作る 方法

会社 作る 方法

会社 作る 方法

手っ取り早く年商1億の会社を作る方法

詳細について 会社 作る 方法



株式会社の設立方法

 株式会社の設立方法には「発起設立」と「募集設立」の2つがあります。

 発起設立は、家族や友人など限られた者が資本金を出し合い、その者が会社設立の際に発行する株式のすべてを引き受けます。なお、発起人は一人でも会社を設立することは可能です。

 一方募集設立は、より多くの人達から資金を集める設立方法です。

 どちらの方法で設立しても、登記して会社ができてしまえば同じ「株式会社」です。何の違いもありません。なので、手続の簡単な発起設立での会社設立を弊社ではお勧めします。

株式会社の設立手順(発起設立の場合)

◇ 設立する前に「ちょっと一息」 ◇

1.会社の基本事項の検討

まず最初に会社設立に必要な事項を決定していきます。 この段階で最低限検討するべき事項は下記のとおりです。

2.類似商号調査を行う

本店を置く市町村を管轄する法務局(登記所)で類似商号調査を行います。 会社設立の際の最も重要な作業です。

3.会社の各種印鑑を作る

「2」の類似商号調査で、類似商号が発見されなければ社名はほぼ決定します ので、会社設立に必要な印鑑類を作成しておきます。ちなみに弊社では印鑑作成の取次サービスも行っております。是非ご利用下さい。

4.発起人などの印鑑証明書を用意する

会社設立の手続には、発起人および役員(取締役・監査役)予定者の実印と印鑑証明書が必要です。発起人・役員予定者はすぐに印鑑証明書をとっておくようにしましょう。

5.役員の選任、定款の作成・認証

会社の組織や運営についての規則を定めた「定款」を作成します。定款の記載により、取締役・監査役を正式に選任します。作成後は、定款を法的に有効なものとするために公証人役場で認証を受けます。

6.本店所在地の決定・代表取締役の選任

取締役会設置会社か否かで作成する書類が変わってきます。要注意です。 

7.株式(資本金)の払い込み

株式の発行分の資金(会社設立時の資本金)を金融機関に払い込みます。現物出資財産がある場合は「財産引継書」を作成します。

8.役員の調査、取締役会の開催

「7」で資本金がきちんと会社に払い込まれたかどうかを調査します。 現物出資があるか否かで作成すべき書類が変わってきます。要注意です。

9.会社設立登記

法務局にて株式会社設立登記の申請を行います。申請が受理されてはじめて新会社の誕生です。なお、登記申請は「8」の役員の調査終了後2週間以内に行わなければいけません。

10.官公署への届出

会社設立後、関係する官公署(税務署など)への届出が義務づけられています。 会社の登記申請が受理されたら、早速準備を始めましょう。

登記手続き完了後にまずすべき事

 株式会社の設立手順をざっと述べると上記のようになります。

 会社を設立するには、このHPで説明しているように、非常に多くの書類を作成しなければなりません。もちろん、設立書類の雛形は、ちょっと大きな書店に行くと「会社設立」のマニュアル本が山のように売られていますし、私のようにHPで情報を提供しているようなところもあります。

 しかし、手慣れた人が書類を作成・準備するのならともかく、はじめての人が一からすべて間違いなく、しかも短時間でそろえることは、大変骨の折れることです。というよりはっきり言って不可能です。

 苦労して書類を一から作り、公証人役場や法務局で何度も手直しをさせられて、やっと設立登記が完了した会社というのも、「自分が設立した」という愛着が湧き、いいとは思いますが、このHPを見られている方は「会社を設立すること」が商売ではないはずです。設立した会社で事業を興すことが本業ではないでしょうか? 

 会社設立手続に何ヶ月も時間をかけるならば、設立後の事業準備のために時間をかけられた方が設立者・そしてそのサービスを受ける消費者にとっても利益となると思われます。

 さらに、ご自分で会社設立書類の全てを作成する場合は、収入印紙代等の諸費用の他、会社印鑑代・交通費・マニュアル本の購入なども必要であり、それらを含めるとおよそ26万2000円ほどになり、弊社に依頼された場合との差額は、3万4500円程度です。

 また、これから会社を経営していくうえで、少なからず専門家に頼らなければいけない部分も出てくるでしょう。早い段階から、そうした方達とつながりを持てるメリットは無視できません。

 甲子園法務総合事務所では、会社の名称・事業目的の決定など「会社設立前の準備段階」から専門家ならではの知識を活かしたコンサルティングを行っております。来所いただいての設立相談は無料で承っております。ぜひ、【有利な】【得する】会社設立のため、甲子園法務総合事務所にご用命下さい。

Source: http://00hp.net/



⇒ ホームページ作成ソフト「SIRIUS」の購入はこちら

これは、私がWEB制作に精通しているからではありません。

パソコンでワード・エクセル・パワーポイントを多少触る程度、ネットサーフィンをたまにする程度、無料ブログで日記を書いたぐらいの経験・スキルがあれば、当サイトで解説している内容をそれほど難しいと感じることもなく、私と同じように短時間で、法人用ホームページを作れると思います。

会社ホームページの運用に耐えうるサーバーの月額料金は?

ちなみに、上記のような構成だと、自社ホームページを初期費用無料、そして月額たったの1543円(税込)で運用することができます。容量も150Gまで使用でき、ホームページを何個立ち上げても追加料金はかかりません。パソコン、スマートフォンから見たときのサイトの表示速度もかなりの速さです。

もっと月額費用を抑えたいという方は、それ以外のレンタルサーバーもご紹介してますので、チェックしてみてください。 ファイアバードクラスであれば、月額500円程度ですが、法人のサイトでも十分遜色のないパフォーマンスを発揮できると思います。 サーバーのスペックが下がってもよければ、月額数100円程度のレンタルサーバーもあります。

とにかく、できるだけホームページにお金をかけたくない中小零細企業経営者、個人事業主は、何も考えずにホームページ制作業者に丸投げするのだけはやめましょう。 お金の無駄です。

このサイトでは、パソコンがそれほど詳しくない方でも、ホームページ制作業者に依頼することなく、自力で法人ホームページが作れるように、一から手順を分かりやすく解説しています。

⇒ 「レンタルサーバー会社の選び方」はこちらをクリック

当サイトおすすめのコンテンツ 「こんなにコストがかかるならHP制作業者に作ってもらうんじゃなかった・・・」   ホームページのコストはトータルで考えるべきものです。今まで自社のホームページにいくら払い続けてきましたか? もうHP作成業者に無駄にお金を払い続けるのはやめましょう。 ⇒ 「ホームページ業者に金払い過ぎです」はこちらをクリック   「会社ホームページって、月額1000円程度で運用できるってホント?」   WEB制作業者に月額5000〜6000円以上もホームページの維持費を払っていませんか?HPの数が増えればその維持費はさらに膨らむことになります。 自社ホームページをいくつ持っても、月額コスト1000円程度で運用可能なんです。 ⇒ 「月額1000円で作る会社HPの作り方」はこちらをクリック   「でもホームページって自分で作るの難しいんでしょ?しかも会社のホームページなんて・・・」   ワード、エクセルは使えますか?無料ブログやったことはありますか?そうした経験があれば、会社ホームページを自力で作るのはそれほど難しくないと感じると思います。 ホームページ作成ソフトの機能向上のおかげで、当サイトのようなビジネススタイルの会社ホームページを自力で作ることが可能です。 ですが、使用するホームページ作成ソフト次第なので、ソフトの選び方には慎重になってください。 ⇒ 「ホームページ作成ソフトの選び方」はこちらをクリック   「でも、そんなに使いやすいホームページ作成ソフトなら、値段も高いんでしょ?」   当サイトでおすすめしているホームページ作成ソフトは、たったの24,800円です。一度購入してしまえば、何個ホームページを作成しても追加の費用はかかりません。 ホームページの月額維持費の負担を軽減することができるのがありがたいですよね。 会社ホームページを直観で作ることができる、「SIRIUS」が一押しのHP作成ソフトです。   ⇒ 「作成ソフトは直観で作れる「SIRIUS」がおすすめ!」はこちらをクリック

「こんなにコストがかかるならHP制作業者に作ってもらうんじゃなかった・・・」

ホームページのコストはトータルで考えるべきものです。今まで自社のホームページにいくら払い続けてきましたか? もうHP作成業者に無駄にお金を払い続けるのはやめましょう。

⇒ 「ホームページ業者に金払い過ぎです」はこちらをクリック

「会社ホームページって、月額1000円程度で運用できるってホント?」

WEB制作業者に月額5000〜6000円以上もホームページの維持費を払っていませんか?HPの数が増えればその維持費はさらに膨らむことになります。 自社ホームページをいくつ持っても、月額コスト1000円程度で運用可能なんです。

⇒ 「月額1000円で作る会社HPの作り方」はこちらをクリック

「でもホームページって自分で作るの難しいんでしょ?しかも会社のホームページなんて・・・」

ワード、エクセルは使えますか?無料ブログやったことはありますか?そうした経験があれば、会社ホームページを自力で作るのはそれほど難しくないと感じると思います。 ホームページ作成ソフトの機能向上のおかげで、当サイトのようなビジネススタイルの会社ホームページを自力で作ることが可能です。 ですが、使用するホームページ作成ソフト次第なので、ソフトの選び方には慎重になってください。

⇒ 「ホームページ作成ソフトの選び方」はこちらをクリック

「でも、そんなに使いやすいホームページ作成ソフトなら、値段も高いんでしょ?」

当サイトでおすすめしているホームページ作成ソフトは、たったの24,800円です。一度購入してしまえば、何個ホームページを作成しても追加の費用はかかりません。 ホームページの月額維持費の負担を軽減することができるのがありがたいですよね。 会社ホームページを直観で作ることができる、「SIRIUS」が一押しのHP作成ソフトです。

⇒ 「作成ソフトは直観で作れる「SIRIUS」がおすすめ!」はこちらをクリック

私は、2013年頃までWEB制作会社に約10年近く勤めていました。 そこで、ホームページを開設したいお客様に向けて、ホームページの企画立案、設計、制作についてのコンサルティングを行い、一部コンテンツのライティングなども手掛けてきました。

その他、検索エンジン上位表示、いわゆるSEO対策などの、顧客のサイトごとの検索順位対策やチューニングも行ってきました。

まず、その経験を通じて一番言いたいことをお話しします。 それは、ホームページは制作業者にお願いする必要はないということです。

自分が長年WEB制作業者にいて、こういうことを言うのはどうかとも思いますが、法人用のホームページを社長さん自身の力だけで立ち上げることは、それほどハードルは高くないです。

ビジネス風のホームページをいかに安く作るか

素人が作ったようなデザインだと、お客さんや取引先の業者から信頼を失いかねません。 かといって、できるだけ月々の経費をできるだけ抑えたいのが、中小、零細企業の社長、また個人事業主にとっては、本音のところですよね。

事業にはいろいろと出費がつきものです。

ビジネス風のホームページをいかに安く作るか

を最重要テーマとして、とことん切り込んでいます。

そして、月額1000円程度もあれば、このサイトのようなデザインの法人用のホームページを作ることができるというその手順をサイト上でご紹介しています。

会社の独自ドメインを設定する場合であっても、上記プラス年額1000円程度が追加でかかってくるだけです。

こんなに安くて中小企業用のビジネス風ホームページが持てるなんて、10年前までは予想だにできませんでした。技術革新の賜物だと思います。

そんなわけで、数年前までは、ホームページ作成は専門のWEB制作業者に頼むのが主流でした。そして、現在はわざわざ高いお金を払って、HP制作業者にお願いする必要は全くありません。

このコーナーでは、そんなHP制作業界に10年近く身を置いた自分自身の経験を踏まえ、ホームページ制作業者の裏事情をお話しします。

これを読んで、それでもまだホームページ作成業者に自社のホームページ作成を依頼したいのであれば、その選択が正しいと思います。

特に大企業のホームページや、超高級ブランドのコーポレートサイトなどは、業者に依頼した方が良いと思います。

中小企業と自社ホームページの果たす目的が違うからです。

それでは、まずは10年前までさかのぼって、その当時のホームページ制作がどのようなものだったのかからお話していきたいと思います。

→ 10年前は、ホームページを持っていない会社が多かった

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/kabushiki/

別れさせ屋