【会社設立をご検討の方へ】株式会社と合同会社の比較①〜目的別に見た会社設立〜:司法書士丹下事務所

【会社設立をご検討の方へ】株式会社と合同会社の比較①〜目的別に見た会社設立〜:司法書士丹下事務所

会社 を 作る 手続き

       会社設立に関するお問い合わせ、ご相談はお気軽に         司法書士は株式会社設立登記の専門家です!        

設立費用総額で249,990円になります。 (実質手数料6,300円)

司法書士に依頼して40,000円の節税。 

  * 当事務所は電子定款に対応しており、定款に貼る印紙代4万円が不要です。   →お得な電子定款に関する説明はこちら   ・ 源泉所得税3,820円がかかります。 ・ お急ぎのお客様は上記報酬額で8〜12営業日以内の登記申請も可能です。 ・ オプションで、印鑑カード・印鑑証明書を取得致します。(別料金 2,950円)   安いだけではありません 司法書士が登記完了まで全て代行致します。 ・ 書類作成の他、類似商号の調査、公証役場での定款認証手続、法務局への登記申請は当事務所   がすべて行いますので、お客様自身が公証役場や法務局へ行って頂くことはございません。   全て代行しますので手続きが早く完了します。急いで会社を作りたい方は是非ご連絡下さい。 ・ 設立される方はこちらのチェックリストにそって、会社の登記内容をお決め下さい。     → 株式会社設立チェックリスト(word) ・ 上記報酬額は一般的な場合です。定款の内容等、特別なご依頼の場合は費用が変わ ることが   ありますので、詳細はお電話でお問い合せください。 電話 045−681−4832 ・ お客様がご自分で登記される場合は、登録免許税15万円と定款に貼る印紙代4万円がさらに、   必要になるため、実費として約242,600円がかかります。   当事務所にご依頼いただいた場合と、6,300円程しか差がでません。   (源泉所得税3,820円がかかります。)

総額でみると、実質手数料6,300円で会社設立ができます。

(印紙不要の電子定款認証には専用のハード・ソフト・電子証明書等が必要です。)   → お得な電子定款に関する説明はこちら   → 会社設立は自分ですると損をする 詳しい説明はこちら ・ 上記費用は、神奈川・東京地域限定特別価格です。   千葉県・埼玉県の株式会社設立はプラス13,000円でお受け致します。   その他日本全国対応致しますので、お気軽にご相談ください。   (但し、神奈川・東京・千葉・埼玉以外は定款の受取に公証役場に行っていただく必要があります) ・ 資本金が2,000万円までの場合の報酬額・登録免許税です。   資本金が2,000万円を超える場合の費用は、別にお見積もり致します。 ・ お見積もりは、お気軽にお電話を。

※1 : 会社の登記内容をこちらのチェックリストにそってお決め下さい。      株式会社設立の具体的な登記内容の説明はこちらから。      会社の事業目的(定款の内容)を決める時はこちらを参考にされると便利です。 ※2 : 銀行払込は、発起人個人の普通預金口座に入金頂くだけで結構です。     (法改正により、銀行の払込金保管証明書は不要になりました。)

・ 発起人の印鑑証明書 ・ 取締役、代表取締役の印鑑証明書

・ 定款 ・ 発起人決定書 ・ 代表取締役選定書 ・ 就任承諾書 ・ 資本金証明書   払込みがあったことを証する書面 ・ 委任状 ・ 印鑑届出書 ・ 印鑑カード申請書   登記申請書

会社を作るには、一般的に上記書類が必要になります。

会社設立登記は、来所頂かなくても書類の郵送により手続きを進めることも可能です。   お電話いただければ「郵送による手続きの流れ」をFAX致します。   電話 045−681−4832   お問合せフォームはこちら

合同会社の設立は、総額で104,942円(登録免許税込み)になります。   詳しくはこちらをクリック

急いで会社を作りたい方は是非ご連絡下さい。

会社を作る方、お気軽にご相談下さい。今井章義司法書士事務所(電話相談無料) 電話 045−681−4832   お問合せフォームはこちら      神奈川県横浜市中区元浜町四丁目39番地 三橋ビル2階      司法書士・土地家屋調査士 今井章義事務所      横浜地方法務局近く(正面玄関前)

当事務所をご利用いただいたお客様の声

当事務所では、 株式会社の設立費用を低価格でご提供しております。 従来の有限会社の設立費用とほぼ同価格で株式会社を作ることができます。 会社を作る方、お気軽にご相談下さい。(電話相談無料) 電話 045−681−4832   一つ戻る

     神奈川県横浜市中区元浜町四丁目39番地 三橋ビル2階      司法書士・土地家屋調査士 今井章義事務所      横浜地方法務局近く(正面玄関前)

横浜地方法務局 本局 登記事務の管轄 商業・法人登記管轄区域  ・・・  神奈川県横浜市・川崎市内全域 平成21年11月24日(火)から,川崎市内の商業・法人登記管轄区域が横浜地方法務局 本局法人登記部門に変更となりました。 当事務所の主な対応地域

神奈川県 (横浜・川崎・横須賀・藤沢・鎌倉・逗子・茅ヶ崎・平塚・大和・ 厚木・海老名・相模原 綾瀬・伊勢原・座間・秦野・三浦 ・小田原・南足柄) 東京都全域・その他関東近辺 その他地域でも対応可能ですのでご相談ください。 Google

横浜 司法書士│ 相続登記│ 合同会社設立│ 抵当権抹消│ 代表取締役の住所変更登記│

Source: http://www.geocities.jp/imaijimusho/kaisyaseturitu.html



動画を見ます 会社 を 作る 手続き

【会社設立をご検討の方へ】株式会社と合同会社の比較①〜目的別に見た会社設立〜:司法書士丹下事務所

詳細について 会社 を 作る 手続き

株式会社の設立方法

 株式会社の設立方法には「発起設立」と「募集設立」の2つがあります。

 発起設立は、家族や友人など限られた者が資本金を出し合い、その者が会社設立の際に発行する株式のすべてを引き受けます。なお、発起人は一人でも会社を設立することは可能です。

 一方募集設立は、より多くの人達から資金を集める設立方法です。

 どちらの方法で設立しても、登記して会社ができてしまえば同じ「株式会社」です。何の違いもありません。なので、手続の簡単な発起設立での会社設立を弊社ではお勧めします。

株式会社の設立手順(発起設立の場合)

◇ 設立する前に「ちょっと一息」 ◇

1.会社の基本事項の検討

まず最初に会社設立に必要な事項を決定していきます。 この段階で最低限検討するべき事項は下記のとおりです。

2.類似商号調査を行う

本店を置く市町村を管轄する法務局(登記所)で類似商号調査を行います。 会社設立の際の最も重要な作業です。

3.会社の各種印鑑を作る

「2」の類似商号調査で、類似商号が発見されなければ社名はほぼ決定します ので、会社設立に必要な印鑑類を作成しておきます。ちなみに弊社では印鑑作成の取次サービスも行っております。是非ご利用下さい。

4.発起人などの印鑑証明書を用意する

会社設立の手続には、発起人および役員(取締役・監査役)予定者の実印と印鑑証明書が必要です。発起人・役員予定者はすぐに印鑑証明書をとっておくようにしましょう。

5.役員の選任、定款の作成・認証

会社の組織や運営についての規則を定めた「定款」を作成します。定款の記載により、取締役・監査役を正式に選任します。作成後は、定款を法的に有効なものとするために公証人役場で認証を受けます。

6.本店所在地の決定・代表取締役の選任

取締役会設置会社か否かで作成する書類が変わってきます。要注意です。 

7.株式(資本金)の払い込み

株式の発行分の資金(会社設立時の資本金)を金融機関に払い込みます。現物出資財産がある場合は「財産引継書」を作成します。

8.役員の調査、取締役会の開催

「7」で資本金がきちんと会社に払い込まれたかどうかを調査します。 現物出資があるか否かで作成すべき書類が変わってきます。要注意です。

9.会社設立登記

法務局にて株式会社設立登記の申請を行います。申請が受理されてはじめて新会社の誕生です。なお、登記申請は「8」の役員の調査終了後2週間以内に行わなければいけません。

10.官公署への届出

会社設立後、関係する官公署(税務署など)への届出が義務づけられています。 会社の登記申請が受理されたら、早速準備を始めましょう。

登記手続き完了後にまずすべき事

 株式会社の設立手順をざっと述べると上記のようになります。

 会社を設立するには、このHPで説明しているように、非常に多くの書類を作成しなければなりません。もちろん、設立書類の雛形は、ちょっと大きな書店に行くと「会社設立」のマニュアル本が山のように売られていますし、私のようにHPで情報を提供しているようなところもあります。

 しかし、手慣れた人が書類を作成・準備するのならともかく、はじめての人が一からすべて間違いなく、しかも短時間でそろえることは、大変骨の折れることです。というよりはっきり言って不可能です。

 苦労して書類を一から作り、公証人役場や法務局で何度も手直しをさせられて、やっと設立登記が完了した会社というのも、「自分が設立した」という愛着が湧き、いいとは思いますが、このHPを見られている方は「会社を設立すること」が商売ではないはずです。設立した会社で事業を興すことが本業ではないでしょうか? 

 会社設立手続に何ヶ月も時間をかけるならば、設立後の事業準備のために時間をかけられた方が設立者・そしてそのサービスを受ける消費者にとっても利益となると思われます。

 さらに、ご自分で会社設立書類の全てを作成する場合は、収入印紙代等の諸費用の他、会社印鑑代・交通費・マニュアル本の購入なども必要であり、それらを含めるとおよそ26万2000円ほどになり、弊社に依頼された場合との差額は、3万4500円程度です。

 また、これから会社を経営していくうえで、少なからず専門家に頼らなければいけない部分も出てくるでしょう。早い段階から、そうした方達とつながりを持てるメリットは無視できません。

 甲子園法務総合事務所では、会社の名称・事業目的の決定など「会社設立前の準備段階」から専門家ならではの知識を活かしたコンサルティングを行っております。来所いただいての設立相談は無料で承っております。ぜひ、【有利な】【得する】会社設立のため、甲子園法務総合事務所にご用命下さい。

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/kabushiki/index.html

別れさせ屋