会社設立のベストタイミングとは?

会社設立のベストタイミングとは?

会社 設立 マニュアル

会社設立のベストタイミングとは?

詳細について 会社 設立 マニュアル



株式会社は、その機関設計(役員を何名にするか、監査役は置くのか、取締役会を設置するのかしないのかなど)、現物出資の有無、定款の記載内容によって、設立時の書類の種類及びその内容が大きく異なります。

当ページでは、株式会社の設立に必要となる書類を網羅し、それぞれの書類について、押印すべき印鑑の種類も含めて詳細解説しています。

なお、設立登記に必要になる「法人実印」については、弊所でも販売しておりますので、ご入用の場合は、こちらからお気軽にお買い求めください。全国対応、最短即日発送で承っております。

→モヨリック行政書士合同事務所の法人実印作成サービス

株式会社設立時の必要書類一覧&押印マニュアル

※上記は一般的な例です。設立内容によっては他に必要となる書類(会計参与がいる場合、委員会設置会社の場合、外国人、外国会社が絡む場合、500万円以上の現物出資、不動産の現物出資がある場合など)がありますので、管轄の法務局への事前確認も合わせて行うことをお勧めします。 ※登録免許税は15万円(印紙)。資本金の額の1000分の7の額です。最低15万円。 ※設立後に提出する税務書類関係についてはこちらをご覧ください。→株式会社設立後に届け出なければならない8つの税務書類を把握しよう

自分でできる!株式会社設立キットのご案内

実績多数の専門家が作ってるから安心!株式会社設立キット

少しでも安く、かんたんに株式会社を設立したい方へ。

穴埋め式・詳細解説マニュアル付だから、一般の方でも簡単に株式会社の設立に必要な書類を作成いただけます!

安心のパターン別対応。取締役1人会社・複数(2名以上)会社・取締役会設置会社、全てのパターンの設立に対応しています。

また、「現金」出資のみならず、「現物」出資にも対応しています。

株式会社の設立手続きをとにかく安く、簡単に済ませたいという方は、ぜひ、当キットをご活用ください。

同カテゴリー内の記事 ココが変わった!新会社法!株式会社設立5つのポイント! 株式会社設立で得られる10のメリット 株式会社を設立するには?【株式会社�

公証役場で認証を受けた定款が必要です。

電子定款であれば定款を入れたCD-R等を、紙定款であれば謄本1部を提出します。

定款の作成方法と定款認証手続きについては、次のページを参考にしてください。

→あなたもスグに定款作成できる!逐条解説。1番くわしい定款作成ガイド

→公証役場へ行く前に確認しておくべき8つのポイント

取締役会非設置会社の場合は、取締役全員の印鑑証明書が必要。

取締役会設置会社の場合は、印鑑証明書または本人確認証明書(住民票記載事項証明書(住民票の写し)or戸籍の附票or住基カード(住所が記載されているもの)のコピーor運転免許証等のコピー)が必要。

発起人兼取締役となる人は、定款認証時にも必要になります。

公証人役場では発行から3か月以内と決められています。

公証役場では、原本還付が可能な場合もありますので、事前に問い合わせてみましょう。

Source: http://www.kit-manual.com/llp/



こちらのマニュアルには、有限責任事業組合(LLP)設立手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。

マニュアルの指示に従って、雛型に入力いただくだけで、書類は完成いたします。

組合員に法人が入っている場合と個人のみの場合とにフォルダ分けしておりますので、ご自身の状況にあった形態で書類作成と手続きが可能です。

書式は穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。安く簡単に手続きを終えたいとお考えの方は是非ご活用下さい。

これまで一般の方50名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいませんので、どうぞご安心ください。

有限責任事業組合(LLP)の意思決定は原則出資者全員で行い、出資者全員が経営に参加するものとしています。

また、「構成員課税」と言って、組織体(LLP)には課税せず出資者へ直接課税されます。

どういうことかと言いますと、LLPへの法人税を直接課すのではなく、LLPの事業から出資者への利益配分額に対してそれぞれ課税されるということです。

通常「会社」の場合は、まず会社自体に法人税が課せられ、会社から受け取った利益(個人所得)に関しても課税されるという、二重課税のデメリットがあります。

LLPであれば、この二重課税のデメリットを回避できるということです。

また、LLPの事業で損失が出た場合、他の所得と合算することができますので、節税にもなります。

LLPの所得赤字 -100万円  個人給与所得500万円 の場合 上記の場合、両者を合算した数字400万円に対しての課税になります。 これが通常の株式会社である場合、赤字であれば法人税は課税されませんが、個人所得に関しては500万円に丸ごと課税されることになります。

有限責任事業組合(LLP)はどのような分野に活用できますか?

有限責任事業組合(LLP)が活用できるといわれているのは、法人や個人が連携して行う共同事業です。 具体的には、 大企業同士が連携して行う共同事業(共同研究開発、共同生産、共同物流、共同設備集約など) 中小企業同士の連携(共同研究開発、共同生産、共同販売など) ベンチャー企業や中小・中堅企業と大企業の連携(ロボット、バイオテクノロジーの研究開発など) 異業種の企業同士の共同事業(燃料電池、人工衛星の研究開発など) 産学の連携(大学発ベンチャーなど) 専門人材が行う共同事業(ITや企業支援サービス分野:ソフトウエア開発、デザイン、経営コンサルティングなど) 起業家が集まり共同して行う創業 農業やまちづくり などへの活用ができます。

有限責任事業組合(LLP)の組合員になるには何か要件があるのでしょうか?

個人・法人であれば特に要件を限定していません。 また、個人若しくは法人である必要があるため、民法上の組合は組合員になれません。 なお、法人が有限責任事業組合(LLP)の組合員になる場合には、自然人の職務執行者を定める必要があります。

有限責任事業組合(LLP)契約は事業の途中で変更できるのでしょうか?

有限責任事業組合(LLP)契約は、原則組合員全員の同意により変更することができます。 この際、登記に係る事項が変更された場合には、変更の登記が必要です。

組合員の新規加入・脱退はどのようになりますか?

組合員の新規加入については、有限責任事業組合(LLP)では組合員の能力や個性が重視されることから、組合員の全員一致で決定することになります。 任意の脱退に関しては、原則としてやむを得ない事由がある場合にのみ可能となっています。

有限責任事業組合(LLP)は株式会社などの会社形態に組織変更することはできますか?

できません。 有限責任事業組合(LLP)は民法組合の特例制度という位置づけであって、法人格を持たないため、法人格のある会社形態への組織変更はできません。 有限責任事業組合(LLP)で事業を始め、途中で株式会社などに組織変更する必要が生じた場合には、有限責任事業組合(LLP)を解散し、新たに会社を設立するな必要があります。

有限責任事業組合(LLP)では従業員を雇用できますか?雇用した場合、従業員は社会保険に入れますか?

有限責任事業組合(LLP)では、組合員の肩書き付き名義で、雇用契約を締結し、従業員を雇用することが可能です。 肩書き付き名義で、必要な手続きをすることにより、その従業員が労働保険(労災保険・失業保険)や社会保険(健康保険・厚生年金)に入ることが可能です。

有限責任事業組合(LLP)では、金融機関で口座を開設したり、融資を受けることができますか?

民法組合と同じく、組合の業務執行者の肩書き付き名義で金融機関に口座を開設することができます。 融資に関しても条件にかなえば、金融機関から、有限責任事業組合(LLP)の事業について融資を受けることも可能です。

有限責任事業組合(LLP)では許認可の必要な事業を行うことはできますか?

許認可の必要な事業をについても各法律の規定・運用に応じて手続をすることで可能です。 基本的な考え方としては、許認可事業にあたっては、組合として許認可を取得するのではなく、各組合員が当該許認可を取得した上で、必要に応じて許認可を有する者が集まって共同事業をする旨の手続を行うこととなります。

有限責任事業組合(LLP)では補助金を受けることができますか?

各補助金の制度内容によりますが、基本的にはLLPの組合員が、個別に手続をすることで補助金を受けることとなります。 この他にも制度の要件に合えば、有限責任事業組合(LLP)の組合員が組合の肩書き付き名義で、有限責任事業組合(LLP)の事業のための補助金や制度融資を受けることができます。

有限責任事業組合(LLP)には財務諸表の作成や公告の義務付けはあるんでしょうか?

設立時に貸借対照表を作成し、毎事業年度ごとに、貸借対照表、損益計算書、及びその附属明細書の作成が義務付けられています。 財務諸表についての公告の義務はありませんが、債権者保護のため、求められた場合に開示する必要があります。

Source: http://office-tsuda.net/shorui.html

www.ac-sodan.info