会社を作るのは後回しでいい:起業失敗パターン①

会社を作るのは後回しでいい:起業失敗パターン①

会社 を 作る に は

会社を作るのは後回しでいい:起業失敗パターン①

詳細について 会社 を 作る に は



会社を作りました(ニート → 個人事業主 → 会社設立に至った話)

2012年1月5日に株式会社クートンという会社を設立し、代表取締役に就任しました。 個人事業主からの法人成りなので、会社といっても現在は自分だけの一人会社です。

会社設立はただの通過点ではあるものの、一つの節目となるので、会社設立に至るまでの4年間を振り返りながらまとめてみたいと思います。

個人事業主になったこと

私は4年前、2年2ヶ月のあいだ無職状態でした。 ずっと家に引きこもり、朝から晩までパソコンと向かい合う生活をしていました。 世間で言う「ニート」でした。

人生の中でも大切な20代を棒に振ってしまったという実感はありますが、それが反面教師となって今のモチベーションに繋がっているようにも思います。

個人事業主になろうと思ったきっかけは、当時、無職でありながら、インターネットを通じてまとまった収入が得られるようになっていたからです。(と言ってもアルバイト以下の収入でした)

一定金額の収入があるのに確定申告をしなければ「脱税」になりますし、「白色申告」だと多くの税金を払わなければいけません。

調べてみると、青色申告をすれば、支払う税金も少なくできますし、個人事業主になれば「ニートから一転して自営業と名乗れてしまう」ことを知ったからです。

来年は収入が増えるかもしれないし、減ってしまうかもしれないという不安を抱きつつも、結局「ただの勢い」で個人事業主になることを決めました。

「個人事業主」という人生の選択肢があることを知ってから、税務署に開業届を提出するまで1ヶ月もかかりませんでした。

「失敗したらその時に考えればいいや」 「そんなことより明日からニートを脱出して、一夜にして経営者になれるぞw」 それぐらい軽い気持ちでした。 (一生懸命仕事をして独立に至った有能なフリーランサーの方には申し訳ないぐらい、本当に適当な動機でした…)

こうして私は2010年1月から個人事業主として人生を送ることになりました。 しかし、これが自分の中で人生を変える大きな転機となりました。

無職の人にお勧めしたい個人事業主

「無職」から「個人事業主」になるのは簡単です。 「所得税の青色申告の承認申請書」を1枚提出すればそれだけで「自営業者」になれます。(開業届は別に出さなくてもいいらしい)

白色申告でもよければ、何も提出する必要はありません。 自分が「自営業」と名乗った時点で自営業者になれます。

手続きの上では簡単ですが、気持ちの上では職業「無職」から職業「自営業」になることは大きいです。

個人事業主になるもう一つのメリットは、自分のやりたいことすべてが「事業」と言い切れることです。

多くの人が「こんなことをやってみたい。」と思っていながら実行に移せず終わってしまいます。 しかし、自営業者になれば原則的には「儲かる」か「儲からないか」の判断基準で、どんなことでも「立派な事業」として全力で取り組むことができます。

一般的に「独立する」という行為は簡単そうに見えて難しいものだと思います。いい会社に入って、その中でもトップの成績を収めて、そこからさらに独立の意思がある人が自営業者になれる。そんなイメージですよね。

しかし、何の知識を持っていなくても、すでに誰にも責められず、捕われない生活を送っている無職の人やニートの人は、ある意味では自営業へのステップを踏み出しやすい位置にいると言えるのかもしれません。

1年目

個人事業主として私が最初に決めた目標は「1年で廃業しないこと」でした。 まずは1年、生き残ることを最優先しようと思いました。

正直な話、どんな種類の税金があるのかも、帳簿の付け方もわからないまま個人事業主になりました。 一つずつネットで調べながら事業を運営し、時には税務署に電話で質問をして税金のことを教えてもらいました。

よく、友人に「個人事業主になれるってすごいな」とか言われますが、決してそういうことではなくて、とりあえず一歩踏み出してから次の事を考えるようにしただけです。 (振り返ると、1年目の帳簿はありえないぐらいめちゃくちゃでした…)

私は昔から、常に前向きで、どんなことにも積極的にチャレンジするようなタイプではありませんでした。むしろネガティブで自己評価の低い後ろ向きな性格でした。

しかし、個人事業主になった頃から、友人や家族など周りの反応も変わってきたように思いますし、「1年で廃業しない」という目標が達成できたことで、仕事をすることが楽しく感じられ、前向きな性格に変わってきました。

現在無職だったり、ニートだったり、人生がうまくいっていないと感じている人は、「とりあえず個人事業主になってみる」ことで、何かのきっかけを見つけられるかもしれません。

本当に簡単な手続きで開業できるにもかかわらず、自営業者になることで得られるモチベーションはとても大きいです。

個人事業主になる上で、なにかわからないことが[email protected][email protected]があるかもしれません。 (お気軽にお声がけください^^)

実はすぐに法人化を考えたけど見送った

個人事業主になると決めて全力で走った結果、廃業どころか1年目の私の収入は20倍以上になりました。1年目で予想以上の結果が出たため、私はすぐに「法人化(会社設立)」を考えました。

私の場合は、「法人としか取引してくれない会社があったから」というのが法人成りを考えた理由でした。

しかし、まともな学歴も職歴もない私に、ビジネスや経営の知識は一切ありません。 経営に関しても素人、ビジネスに関しても素人、帳簿の付け方もよくわからない状態で「廃業しないこと」だけを目標に1年間走ってきた状態です。

悩んだ末に、結局2011年の法人化は見送ることにし、個人事業主としての2年目の目標は、「法人化を見据えて少しでもレベルアップするために勉強すること」に決めました。

実はビビって2年目の法人化も見送りかけた

「税制改正大綱」や「納税義務の免除」などの動向に注意しながら「法人化するの

Source: http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/fullstage_faq/id=2099



Q.留学生が日本で会社を作ることはできますか?

こんにちは、私は大学在校留学生ですが、日本で経営を勉強しています。 卒業後日本で会社を作りたいと思っていますが、留学生は、会社を作る事が可能ですか?手続きはどこで申し込みですか?  

A.回答

外国人の方が日本で会社を設立することについては特に制限はありません。 しかし、その会社の取締役に就任するためには、その為に必要な在留資格(ビザ)が必要です。

必要な在留資格(ビザ)とは、 1)永住者や日本人の配偶者等の我が国での活動に制限のない在留資格 か 2)「投資・経営」と言う在留資格 です

1)を得ていれば、日本人と同様に活動できますが、そうでなければ、 2)「投資・経営」と言う在留資格を取得する必要があります

ご質問者は「留学生」とのことですので、現在の在留資格は「留学」であると推察されますので、 「投資・経営」と言う在留資格が必要となります。

「投 資・経営」の在留資格を取得する為には、「二人以上の常勤職員の確保(二人未満であれば、年間投資額500万円以上の規模の事業)「安定・継続が見込まれ る事業」であること等の許可条件があり、既に日本での就労経験がありその分野で起業する等でないと、現実にはなかなか取得は難しい資格と思われます。

現実的な方法としては、日本人パートナーを得て、当初は、日本人パートナーを取締役とする方法。 あるいは、本国(海外)に会社を設立し、その支社または現地法人として日本で活動する方法等が考えられます。

何れにしても、簡単な手続きではありませんので、実際に起業を検討される場合は、外国人の会社設立を専門としている行政書士等の専門家に相談されると良い事項だと思います。

Source: https://lifeclip.org/diary/43.html

別れさせ屋 東京