【迷列車】日本海を目指しながら散っていった北丹鉄道の夢をバス会社が引き継ぐことができるか?【鉄道秘話】

【迷列車】日本海を目指しながら散っていった北丹鉄道の夢をバス会社が引き継ぐことができるか?【鉄道秘話】

京都 会社 設立

【迷列車】日本海を目指しながら散っていった北丹鉄道の夢をバス会社が引き継ぐことができるか?【鉄道秘話】

詳細について 京都 会社 設立



合同会社(LLC)の設立、書類作成、有限責任事業組合(LLP)設立の手続は、行政書士かつみ法務事務所(京都市上京区)にお任せくださいスムーズな合同会社の設立を、フットワークの軽い行政書士がサポートいたします会社法の改正で合同会社(LLC)が設立できるようになりました

平成18年5月1日から新しい会社法が施行され、合同会社(LLC)の制度がスタートしました。自由度が高く、設立しやすい合同会社(LLC)は、今後ますます起業を目指す方々の注目を集めていくと思われます。 また、法人組織ではないものの、有限責任(出資者が出資額以上の責任を負う必要がないこと)で税制度上有利で設立の際のコストを抑えることができる、有限責任事業組合(LLP)も起業手段として活用が進んでいます。 行政書士かつみ法務事務所では、フットワークの軽い行政書士が合同会社の設立や書類作成、有限責任事業組合設立の手続をサポート。 安心・確実な合同会社、有限責任事業組合での起業をサポートいたします。

自由度が高く設立がしやすい・・・様々な起業ニーズに適した合同会社(LLC)

合同会社(LLC)は株式会社と違い、定款の認証が不要であるほか、設立の要件がそれほど厳しくありません。そのため、今までは法人化が難かしいと思われていたジャンルの起業についても法人化が可能となります。 しかし設立し易くなったといっても、合同会社の設立には商号の調査(※)・定款などの各種書類の作成など あまりなじみのない事をしなければならない点では変わりありません。 行政書士かつみ法務事務所ではこういった合同会社の設立や定款・各種書類の手続に関するご相談も承っております。 ※類似商号規制は廃止されましたが、商号使用差止請求・損害賠償請求などの危険を防止するため、行政書士かつみ法務事務所では商号の調査を推奨しています

行政書士かつみ法務事務所の合同会社設立手続サポートサービス合同会社設立を検討中の外国人の方へ

合同会社設立は外国人の方でももちろん可能です。ただし日本で外国籍の方が会社経営を行う場合、そのための在留資格(ビザ)が必要となる場合があります。詳しくはこちらの→ 京都での在留資格(ビザ)申請の専門サイトをご覧ください。当事務所では外国籍の方の合同会社設立はもちろん、在留資格取得のサポートも行っておりますので安心してお任せください。

合同会社設立手続サポートは京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫を中心に全国対応

合同会社設立手続サポートサービスは京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫を中心に全国対応(一部サポートメニューを除く)いたします。お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせは

Source: http://kyoto-llcllp.com/



法人設立(登記)や建設業の許認可、相続遺言などの「手続き」って

その「内容をどう決める」かのアドバイスは専門家にしかできません。

確かに、内容が明確に決まっている同じ書類を役所に出せば、ご本人が作成されてもどんな司法書士が作成しても同じ手続きができます。

しかし、書類を作成する前の段階の「内容」を決めることが事業の成功にとって重要なのです。

なぜ、法人設立登記・建設業許認可・相続遺言において「内容」が重要なのでしょうか?

株式会社を設立すること、独立することは「目的」でしょうか?

株式会社を設立登記するのは、事業を行うための「手段」のはずです。

であれば、「目的」である事業内容実現する最適な内容で法人設立登記しなければならないのです。

内容をよく検討せずに、ハウツー本の内容ををそのまま利用したり、価格だけで「手続の完了」をゴールにしてしまった安易な手続きは、本来の目的である事業の成功の足を引っ張ってしまう場合があるのです。

Source: http://office-taniguchi.com/

別れさせ屋