新宮町 不動産管理会社の設立 高島聖也税理士事務所

新宮町 不動産管理会社の設立 高島聖也税理士事務所

不動産 会社 設立

新宮町 不動産管理会社の設立 高島聖也税理士事務所

詳細について 不動産 会社 設立



小口の資金を投資家から集め不動産プロジェクトに融資するラッキーバンク・インベストメント(以下、LBI:東京都中央区)は2日、グループの不動産会社としてLBIリアルティ(東京都中央区)を設立した。

LBIリアルティ立ち上げの目的は大きく2つ。 1つ目に、新会社で不動産を購入、保有し運用することだ。 田中翔平社長は「LBIの融資事業は運用額が55億円を超えた。貸金業は案件が増えるほどリスクが増える。そのため、新会社が自らプロジェクトを運用することでリスクの拡大を抑制する」と話す。

2つ目は、設立1年以内などベンチャーの不動産会社との取引を通じて、その企業のビジネス実績を集め、一定の信用性が担保されるようになったらLBIの融資する事業への参加を進める。 立ち上げて間もない不動産会社の場合、一般的には資金力がないため自社で物件を購入し運用、売却まで一貫して行うことは難しい。 物件の仲介などLBIリアルティとのビジネスの履歴を収集し、会社のトラックレコードの可視化をして投資家に提示する。 一定の実績を上げていればLBIで融資をし、運用事業も行える道筋を作る。

今後は、LBIリアルティとの取引のある会社を増やしていき、仲介、リノベーション、企画などさまざまな得意分野を持つ会社同士のビジネスをつなげるプラットフォームを作っていく予定だ。 「不動産会社の実績や取引先の評価は不透明。それをLBIリアルティが実際の情報を集め評価することで、不動産会社と顧客との間の情報の非対称性をなくしたい」(田中社長)

Source: http://www.ie-urutaro.com/690



資産管理目的の為に会社設立をしてる方は多いです。宅建免許を取得して不動産会社を設立する方もいらっしゃいます。

税金対策のため、相続対策のため、資産管理の会社設立をしていることは多いのです。税制上のメリットを享受できるだけでなく、宅建業務も出来るようになります。

1.資産管理の会社をつくる

相続税対策や税金対策のために、地主や資産家は賃貸マンションやアパートを建築することがあります。賃貸マンションを建築することで、毎月の家賃収入が入ってきます。

管理や所有する戸数が多くなってくると、毎月の収入も増えるため、資産管理の会社を設立したほうが良いでしょう。

資産管理の会社をつくって、さらにできる節税対策を考えていきましょう。

1-1.法人化するメリット

法人は個人事業に比べて、経費算入がしやすいです。

家族や子供に払う給料だけでなく、事務所家賃・公共料金・保険・退職金・自動車関連費用・旅行代・飲食費、交際費を経費算入することができます。

不動産収入が年間数千万円クラスになってきた場合や管理戸数が多くなってきた場合には、会社形態にしたほうが節税メリットがでかいです。

1-2.役員報酬や給与として、家族や親せきに支払う

個人事業で不動産管理することに比べて、法人であれば家族や子供にたいして役員報酬等として支払いが出来ます。法人であれば、経費算入しやすいのです。

個人事業でも、『青色事業専従者給与に関する届出書』を提出することで、家族に給料を支払うことはできます。ただし、退職金を支払うことはできません。

法人であれば、中小企業退職金共済や小規模企業共済、損金算入できる保険などに加入して毎月の掛け金を支払っておくことで退職金をを受け取ることができます。毎月の掛け金は経費算入できる大きなメリットがあるのです。中小企業退職金共済や小規模企業共済は中小企業向けの国の退職金制度であるため、活用しないのは非常にもったいないことです。

1-3.法人税率は縮小傾向にある

個人の所得税に比べて、年々法人税率は縮小傾向にあります。

資本金1億円以下の中小企業の場合には、年800万円以下の所得部分については15%です(平成29年3月31日まで) 800万円超の所得部分についても23.9%です。

住民税や事業税等含めて、21.42%から34.33%となります。

個人事業の所得の場合には、住民税10%含め最大55%支払う必要があります。

Source: http://www.zenchin.com/news/2016/08/post-2932.php

www.coop-menkyo.jp