【公式】時間がなくてお金儲けができない人が時間を作ってお金を稼げるようになる方法

【公式】時間がなくてお金儲けができない人が時間を作ってお金を稼げるようになる方法

1 円 株式 会社 設立 方法

【公式】時間がなくてお金儲けができない人が時間を作ってお金を稼げるようになる方法

詳細について 1 円 株式 会社 設立 方法



「株式会社設立キット」では、株式会社の内、

上記パターンの株式会社設立手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。

更に、この株式会社設立キットでは、現金出資による株式会社設立のみではなく、現物出資による株式会社設立のケースにも完全対応しております。

書式は穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。

「安く、簡単に株式会社設立手続きを終えたい」とお考えの方は是非ご活用下さい。

これまで一般の方200名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力で手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいませんので、どうぞご安心ください。

【お願い】 当株式会社設立手続きマニュアルは、基本的にご自身にて書類の作成・お手続きを行って頂く為のサービスです。ご自身で書類作成及び手続きを行って頂くことで、低価格販売を実現できております。 マニュアルに記載してある内容のご質問や、書類のチェック依頼はご遠慮頂くようお願い致します。 もちろん、マニュアルを読んでもわからない部分に関しては、無料にて相談サポートさせて頂きます。 また、書類の作成に自信がない方は、弊社にて株式会社設立代行サービスも提供しておりますので、そちらをご検討ください。(ご依頼へ変更の場合には当該キット代金はご返金致します。)

株式会社設立手続きにおきましては、キット代金(12,600円)のみではなく、印鑑代、定款印紙代40,000円、公証人手数料約52,000円、登録免許税150,000円が別途、必要になります。

印鑑代と公証人手数料、登録免許税はお客様ご自身で完全に手続きをしたとしても、必ず必要になる費用です。つまり、202,000円+印鑑代実費は、キット代金を除いても必ず必要になります。

定款印紙代40,000円は、「電子定款認証」を利用することで節約することが出来ますが、当株式会社設立キットには、「定款を電磁的記録化(電子定款化)」する為の方法は記載されておりません。

電子定款認証は専門家外注することで専門家報酬はかかりますが、印紙代40,000円はゼロに出来ます。当キット製作者のMOYORIC行政書士合同事務所が提供しております【電子定款認証代行.com】をぜひご利用くださいませ。

Source: http://www.osaka-shiho.or.jp/faq/houjin/houjin-q01.html



一人で設立ということですので発起設立(発起人が全出資をする場合)の説明をします。設立に際し最小限決定しなければならない事項は、以下の項目です。

(1) 商号(会社の名前) 「株式会社」という文字を冒頭または末尾あるいは中間に必ず使用し、漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字等の文字を使用して決めます。

(2) 本店(会社の住所) 会社の本店所在地を決めます。同一の本店所在地に、同じ商号の会社は設立できませんのでご注意ください。

(3) 目的(会社の営業種目) 会社の営業種目(例えば飲食店や、衣料品の販売など)を決めます。現在の事業だけでなく、将来営業しようとする事業を入れることも可能です。官公庁の許認可を要する事業の場合は、関係官庁に確認してから決定した方がよいでしょう。

(4) 資本金 資本金は1円以上であれば設立可能ですが、会社の信用度並びに運転資金、税金面等を考えて決定するとよいでしょう。

(5) 設立時の発行株式総数と1株の発行価額 設立時の発行株式総数と1株の発行価額を決めます。発行価額の2分の1以上の額×発行株式総数=資本金となります。例えば1株1万円で100株発行したとき、その全てを資本金にすると資本金は100万円となり、これが一般的ですが、1株5千円だけ資本金に組み入れることも可能で、この場合は、資本金は50万円、資本準備金50万円となります。

(6) 役員及びその任期 株式会社には、取締役を一名以上置かねばなりません。発起人の中から選任する場合が多いですが、発起人以外の者から選ぶこともできます。その他に監査役や会計参与を任意で置くこともできます。 任期は、原則、取締役は2年内に監査役は4年内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までですが、非公開会社(株式の譲渡制限を定めている会社)の場合は10年内まで伸長することができます。

(7) 事業年度(営業年度) 事業年度は、1年以内であれば自由に決めることができます。一般には、年1期の事業年度とすることが多いです。

Source: http://www.kabusiki-kit.com/

panchira-gazo.biz